HOME財団についてご挨拶

ご挨拶

少しでも多くの子どもたちが明るい未来を期待できるように。

[写真]理事長 柳澤 正義

理事長 柳澤 正義

今、日本では小児医療の提供体制の変革期を迎えています。プライマリーケア、救急医療、専門性の高い医療、新生児集中医療など、解決しなければならないことは枚挙に暇がありません。このような時代の中で、少しでも子どもたちの明るい未来を展望するためには、医療関係者だけではなく市民の協力が不可欠です。当財団は、1999年に設立されて以来、病める多くの子どもたちとその家族のために滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」を建設し、また福祉・医療分野におけるボランティアへの助成・育成活動を行い、新しいボランティア文化の構築に貢献してきました。 「ドナルド・マクドナルド・ハウス」はアメリカで生まれたものですが、今や世界約42カ国に広がり、ますますその必要性が高まる世界的な事業です。日本では現在、東京・仙台・高知・大阪・栃木・札幌・名古屋・福岡・神戸の病院の患者家族の方々に利用されていますが、その他にも多数の建設希望が寄せられています。このような活動は多くの方々のご支援、ご協力がなくては成り立ちません。 少しでも多くの子どもたちが明るい未来を期待できるように、私達は精一杯努力していきます。皆様からの力強いご支援によって、「市民に支えられる医療」という新しい医療文化がさらに大きな花を咲かせることを強く念願しています。

支援の輪を広げていきたい。

[写真]専務理事 廣瀬 修

専務理事 廣瀬 修

1999年に財団が設立されてから各地にハウスが開設され、現在、多くのご家族にご利用頂けるまでに育ちました。今では小児医療にとってドナルド・マクドナルド・ハウスはなくてはならない存在になってきたと感じています。
しかし将来を見据えこの活動をより成長させていくためには、まだまだ充分ではない分野があると考えます。これまで私どもは小児病院や母子医療に力を入れている病院のすぐそばに、家族の滞在できるハウスの建設と運営を進めて参りました。利用された多くのご家族からは感謝の声が寄せられ、さらには医療従事者や地方自治体からもハウス建設の要望を多く頂いており、やはりハウスは必要不可欠であると実感しています。しかし今後はハウスの運営だけでなく、小児医療全般を考え必要としている支援を推し進めていきたいと考えています。
私達より長い歴史を持つオーストラリアの財団は、ハウス事業以外に入院している子どもへ家庭教師を派遣したり、ターミナルケアの子どもとその家族が楽しめるビーチハウスを運営するなどニーズにあった独自のプログラムを開発し活動しています。日本も諸外国の財団を手本にし、福祉大学のようにボランティアを輩出している人たちが参画できる仕組みを作りながら、日本の小児医療がかかえている問題をサポートできるようなプログラムを開発し、活動の幅を広げて支援活動を継続していきたいと考えております。
これからも微力ではありますが困難な子ども達の為に精一杯頑張ってまいります。今までご協力ご支援いただいた多くの皆様に厚くお礼を申し上げるとともに、今後とも変わらぬご支援ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

財団について

  • ご挨拶
  • 財団のミッション
  • 財団の概要
  • 財団の歴史
  • 役員一覧
寄付の申込み
↑Top