HOMEニュースふくおかハウスの安全祈願祭

ニュース

ふくおかハウスの安全祈願祭

2014年07月01日

6月26日(木)国内第10号となる「ふくおかハウス」の安全祈願祭が行われました。今回、ふくおかハウスの施主となる福岡市立病院機構と財団の関係者そして設計、施工会社関係者が一同に集まり着工前に工事の安全を祈願しました。

 

 

ふくおかハウスは子ども病院の移転に伴い、新しく新天地に整備される入院患者の家族のための滞在施設です。地元からの強い要望があり、建設が実現いたしました。建設費を地元で半分集めることを目的に募金委員会を発足し、多方面に寄付の呼びかけを行い、現在目標額2億円に対して1億4800万円の寄付が集まっています。

 

安全祈願祭で福岡市立病院機構の竹中賢治理事長は

「子どもの治療には家族の支援がとても大切です。このような大きなハウスを建設することとなり非常に嬉しいし、市民の皆様、医療に携わる方にも浄財をいただき本当に感謝しております。工事関係者の皆様には安全第一でぜひ立派なハウスを建ててください。」とのお言葉をちょうだいしました。

 

 

来春3月完成を目標にふくおかハウスは着工いたしました。これからボランティア募集や寄付集め、開設準備等ありますが、地域の皆様に協力していただきながら温かいハウス作りに努めて参ります。

ぜひ、みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。詳細はふくおかハウス建設募金をご覧ください。

最新ニュース

最新ニュース一覧

ニュース

寄付の申込み
↑Top