遺贈

他界後に遺産を寄付することによってハウスを支援します。

遺贈とは?

遺言を残して、他界後に自分の財産を特定の人に分け与えることを「遺贈」といいます。遺言者が、法定相続人以外に遺産の受け取りやその内容を指定することができます。

寄付の方法

  1. 1)当財団への寄付の内容を検討する

    まず始めに、寄付の内容を十分にご検討ください。兄弟姉妹以外の相続人には遺言書の内容に関わらず「遺留分」として財産の一定割合を受け取る権利が定められていますので、配分に十分ご留意ください。また現金以外で検討する場合には、遺言執行者ないし当財団で現金化させていただくことになりますので税金、諸経費等を専門家とご確認ください。

  2. 2)遺言書を作成する

    遺産を法定相続ではなく、当財団など特定の団体に遺贈するためには、有効な遺言書を作成する必要があります。遺言書の中で、当財団への寄付の内容を具体的に指定することで、ご遺志の実現を確実なものとすることができます。

    遺言書は主に「公正証書遺言」、「自筆証書遺言」の2種類がありますが、2名以上の証人の前で遺言者の遺言内容を公証人が記述する「公正証書遺言」が最も確実です。遺言書の作成に際しては、弁護士、司法書士、税理士、信託銀行など専門家のアドバイスを受けられることをお薦めします。遺言に基づく相続や遺贈には遺産の引き渡しや登記などの様々な手続きを行う「遺言執行者」が必要です。専門家や信頼のできる方を遺言執行者として指定されるケースが多いようです。

    ※当財団では、三井住友信託銀行をご紹介しております。 お近くの支店に当財団への遺贈を検討したい旨連絡して下さい。
    商品概要と店舗検索はこちらから

  3. 3)遺言の執行

    思いの込められた遺言書に基づき、遺言執行者によって遺産の引渡し手続きが行なわれます。当財団にいただきました寄付は、「ドナルド・マクドナルド・ハウス」の建設および運営費用に使用されます。

サポートのお願い

  • サポート(ご寄付・ご支援)をお考えの方へ
  • 寄付金でサポート
  • 遺贈
  • 相続財産を寄付
  • マクドナルドのお店で募金をする
  • 物品寄付でのサポート
  • サポート会員になる
  • ボランティアに参加する
  • サポートについてのFAQ
  • サポーターリスト
寄付の申込み
↑Top