HOMEニュース新おおさか・すいたハウス地鎮祭

ニュース

新おおさか・すいたハウス地鎮祭

2018年08月30日

8月27日(月)に、大阪府摂津市千里丘にてこれから建設をするハウスの地鎮祭が執り行われました。

当日はお忙しい中、国立循環器病研究センターの小林病院長、後藤吹田市長、森山摂津市長にご参加いただき、関係者全員でハウス建設工事の無事を祈りました。

式典後には皆さまよりご挨拶を頂戴しました。


小林病院長


後藤吹田市長


森山摂津市長

これまで吹田市にあったハウスはこれから摂津市に移転するため、後藤吹田市長からは「これからは吹田市、摂津市の両市でハウスを支え、医療の町となる新しい地にて温かいハウスが出来上がることを期待している」とのありがたいお言葉をいただきました。

*新おおさか・すいたハウスのほかの記事はこちら

【ご報告】新おおさか・すいたハウス移転決定!

2018年02月08日
平成31年7月に国立循環器病研究センターの北大阪健康医療都市(健都)移転に伴い、同センターに入院する病気と闘う子どもとその家族の滞在施設「おおさか・すいたハウス」の移転を実現するため、必要となる費用の一部を賄うために吹田市のふるさと納税を活用し、寄付を募集してきました。
*吹田市と摂津市では、平成31年度(2019年度)に予定されている国立循環器病研究センター(国循)の吹田操車場跡地(吹操)への移転建替を見すえた「健康・医療のまちづくり」を進めています。

おかげさまで多くの方々のご支援により、寄付目標額の2億円に到達することができました。皆さまからのあたたかいご支援に心より感謝申し上げます。
いただいた寄付金については、「新おおさか・すいたハウス」の建設費用、開設に必要な備品購入費用等の諸経費に充てられます。

11月27日 記者発表

「新ドナルド・マクドナルド・ハウス おおさか・すいた」について
2005年10月に国内4号目として国立循環器病研究センターの向かい側に誕生しましたが、移転後も引き続きご家族の支援ができるよう、病院の移転と共にハウスも移転することとなりました。

◆新おおさか・すいたハウス 所在地
平成31年7月に大阪府吹田市からJR岸辺駅前(摂津市)の北大阪健康医療都市(健都)に移転

…………………………………………………………………

◆新おおさか・すいたハウス 概要

ハウスの部屋数が18室から20室に増えます

◆全体図・外観・内観

外観

エントランス

ハウス入口

リビング

中庭

ベッドルーム

新ハウスの建設費、備品購入費用は寄付で集まりましたが、より快適な空間をご家族に提供するために、引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。

最新ニュース

最新ニュース一覧

ニュース

寄付の申込み
↑Top