HOMEニュース新型コロナウイルスに対してのハウスの取り組み

ニュース

新型コロナウイルスに対してのハウスの取り組み

2020年03月24日

この度の新型コロナウイルスに罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

当財団運営の各ハウスにおける新型コロナウイルスに関する取組みについて、以下にお知らせいたします。

1.基本方針
日本における新型コロナウイルス感染拡大状況および政府の方針等に則り、社会の一員として、感染拡大しないよう社会的責任を果たし、ハウスを強く希望している家族に対して、ハウスに安全に滞在してもらうことを目指すため、家族が安心して付き添える環境を整えサポートを継続いたします。
万が一、ハウス内または関係者に感染者が発生することで、ハウスは地域の管轄保行政部署の指示に従い、一定期間、ハウスは閉館することとなり、その影響は多大となることが予測されるため、現在、考えうる可能な利用制限を設けることとします。

2.わたしたちの心得
ハウスに関わる全ての人々、スタッフ、ボランティア、利用されるご家族において以下を共通認識としてご理解いただきたいと考えます。
(1)感染者を出さない努力
(2)感染を拡大させない努力
(3)そのための一定の辛抱・我慢する努力

3.感染症対策における運営ルールと利用制限等の具体的な事項について
(1)スタッフに対して
①スタッフ勤務時には健康チェックおよび検温記録、手洗いを徹底します。
②感染の疑いなどがある場合には、国の指針に従い行動します。
③スタッフを含め関係者より陽性者が出た場合には、保健所の指示に従い行動します。

(2)ボランティアに対して
①ハウスで活動を行うボランティアの健康チェックおよび検温記録、手洗いを徹底します。
②体験ボランティア、企業・団体ボランティア、ボランティアによるサークル活動やマッサージ、リフレクソロジー、ミールプログラム(食事提供)はしばらく見合わせます。
③イベントなどハウス内で大人数で集う活動を自粛します。
④70歳以上のボランティアの活動を制限いたします。

(3)ハウスを利用されるご家族に対して
①ハウスを利用できるのは1家族につき保護者2名までで、患児のご兄弟の利用はご遠慮いただきます。
②外来診察のための患児滞在は可能ですが、入院中の外泊許可および外出許可による患児のハウス利用はできません。
③チェックインの際には検温、感染症に関する質問表の記入、治療中の疾患の確認をさせていただきます。
④ハウス内の共有スペースにおいて、大人数で集うことを制限させていただきます。
⑤共有スペース(キッチンやダイニングなど)の利用後の消毒や清掃にご協力いただきます。

事態の収束に向かうまで、利用ご家族、関係者の皆さまにはご不便をおかけいたしますが、ハウスに関わる全ての人々の健康を守るためにも、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

【本件に関するお問い合わせ】
ハウス利用に関するお問い合わせは、各ご利用ハウスまでご連絡ください。
全国のハウス
https://www.dmhcj.or.jp/house/list/index.html

その他お問い合わせは、DMHC事務局までご連絡ください。
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン 事務局
TEL: 03-6911-6068
FAX: 03-6911-6198
お問い合わせフォーム
https://www.mcdonalds.co.jp/inquiry/dmhcj/

最新ニュース

最新ニュース一覧
↑Top