BLOG

「”奇跡の子どもたち” ~10月映画上映会のお知らせ~」

 

日本で3人しかいない、希少難病の「AADC欠損症」。
身体の運動を司る神経伝達物質ドパミンやセロトニンを作り出すAADC酵素が生まれつき欠損している難病です。
この病気と闘う患者さんとご家族の10年間が1本のドキュメンタリー映画になりました。
出演する山形に在住の松林さんと東京の山田さんはとちぎハウスを利用されたご家族。2007年から取材が始まり、自治医大での遺伝子治療、徐々に回復する様子がギュッとつまった感動のドキュメンタリー映画です。
映画HPはこちら

奇跡

奇跡の子どもたち”~とちぎハウス利用家族のストーリー

………………………………………………………………………………………
このたび大阪でも上映することになりました。10月の連休中ですが、みなさんぜひお越しください。

おおさか・すいたハウスも当日、会場で告知と募金活動をさせていただきます。

前売券ご希望の方はおおさか・すいたハウスまでご連絡ください。

(TEL: 06-6836-6551)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■開催日:平成29年10月9日(月・体育の日)14時開場

■料金:前売り券 1,200円 当日券(会場販売)1,500円

■会場:大阪市中央区民センター

大阪市中央区久太郎町1-2-27 地下鉄堺筋線・中央線 堺筋本町駅3号出口東へ徒歩2分

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

おおさか・すいたハウス ハウスマネージャー 前納

「MISIAさんが、せたがやハウスを訪問してくださいました。ソトコト10月号掲載」

MISIAさんが月間ソトコト10月号の「MISIAあふれ出る想い」の取材のために、せたがやハウスを訪問してくださいました。
以前より「ドナルド・マクドナルド・ハウス」のことを知っていたとのことですが、訪問されるのは初めて。
ベッドルームや家族のくつろぐ共有スペースなど非常に興味深く見ていらっしゃいました。

また今回はハウスの運営に少しでも協力したいとのことで、映画SINGで吹替を担当されたキャラクター「ミーナ(ゾウ)」のサイン入りヌイグルミご提供いただきました。
いただいたヌイグルミは、ハウスとしてオークションに出品させていただき、収益をハウスの運営費に充てさせていただきました。

訪問の様子は月間ソトコト10月号の「MISIAあふれ出る想い」にて、ご掲載されていますのでぜひご購読ください。

バックナンバーからでもソトコトをご購入いただくことができます。

ソトコト

「高知大学フィールド医学研究会の募金活動」

 

高知大学医学部フィールド医学研究会のみなさんが、募金を届けに来てくださいました。

以前、こうちハウスを見学にきていただいた方々です。

今回は、高知県土佐町でおこなわれた健診にて、健診に参加されていた医療関係者のみなさんへ

ドナルド・マクドナルド・ハウスについてのプレゼンをおこない、募金活動をしてくださったとのことでした。

フィールド医学

フィールド医学研究会のほとんど方は見学するまでハウスのことを知らなかったそうですが、実際にハウスをみることで、ハウスの必要性や多くの方の善意によって成り立っていることを実感したそうです。

将来、医師として活躍されるみなさんにとってハウス見学が有意義な体験になっていたら幸いです。

 

募金してくださったみなさま、高知大学医学部フィールド医学研究会のみなさま、ありがとうございます。

募金は病気と闘う子どもと家族のために、こうちハウスの運営費として使わせていただきます。

 

 

ハウスマネージャー 近藤

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

↑Top

寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。