1. Home
  2. BLOG

BLOG

2018年11月の記事一覧

地元の病院で心臓の疾患がみつかり、東京都立小児総合医療センターへ転院、約2か月の入院生活の際にご両親がふちゅうハウスを利用されました。

3月の退院して間もないころ・・・

今年3月に退院後、先日検査に伴う入院のために再びハウスを利用、患者さんに外泊許可が出た時には、ハウスに来られ元気な姿を私たちに見せてくれました!

春にママの腕の中にスッポリ収まるくらいの小さなベビーが、すっかり大きくなって動きも活発になりました。

「最近自己主張が強くて」と言うママ。でもそれも元気になったからこその悩みですよね。

チェックアウトの日に、いただいたメッセージをご紹介します。

『滞在中、23日息子の外泊許可が出て、ほとんどの時間をリビングで過ごしました。

 毎日ボランティアの方がすみずみまで清掃してくださるので、ハイハイやつたい歩きをしたい盛りの息子と安心して楽しい時間を過ごすことができ、嬉しかったです。

 東京の乾燥した空気に体が慣れない中、加湿器の貸し出しや、水の配布があり、大変助かりました!! 物干しありがとう~!!! 気づいたことと言えば、赤ちゃんをお風呂に入れる時に滑りやすかったので、マットやベビーバスの貸し出しがあるといいかなあ…と思います。

スタッフの皆さんが息子のことを覚えていてくださって、「大きくなったね~!」と声を掛けていただいたことが一番嬉しかったです。今後も物品の寄付などでハウスを支援したいと思います。ありがとうございました。』 

 ハウスがいつもキレイなことへの感謝の言葉や、毎日の声がけが嬉しかったというメッセージをいただくと、私たちハウスを守るものとしてとても嬉しいですし、励みになります。

私たちもまた、ご家族からの「ありがとう」に支えられているのです。

ふちゅうハウス 渡井京子

グラクソ・スミスクライン株式会社のサポート

グラクソ・スミスクライン社は2009年より全社員にボランティア休暇Orange Dayを付与し、ボランティア活動を通じて人々の「生きる喜びを、もっと」を実現するために、会社としてこの休暇の取得を推奨されています。

よくこのブログにも登場されますが、全国のハウスにてミールプログラムを実施されており、昨年は約600名の社員の方がハウスを訪問し、ご家族の夕食作りに参加してくださいました。皆さまが作ってくださる夕食は、とても心がこもっており、入院している子どもに付き添われているご家族からは非常に好評です。

そして今回は・・・クリスマスが近いということで、ハウスへのクリスマスプレゼントを企画してくださいました。ポール社長を含め社員の方が集まり、クリスマスを家で過ごすことができない子ども達のためにクリスマスプレゼントを購入し、みなさんでかわいくラッピングしてくださいました。

 

このプレゼントは、都内3ハウスに滞在されるご家族を通じて、入院している子ども達に贈られる予定です。グラクソ・スミスクライン社の皆さま、いつもご支援ありがとうございます!

ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

東大ハウスを応援するゴルフコンペ開催

11月も半ばをすぎた小春日和、そして紅葉も色づき始めたとある日、第5回ドナルド・マクドナルド・ハウスを応援する会主催 チャリティゴルフコンペが行われました。

集まったのはマクドナルドフランチャイズのオーナーを中心とする『ドナルド・マクドナルド・ハウスを応援する会』の皆さまとハウスを支援する多くの方々です。2014年から始まったコンペは今年で5回目を迎えます。今年は36名の方がご参加くださり、また参加できない方々からも多くの景品や寄付金を頂きました。そんな皆さまの温かい気持ちが通じたのか、風もなく好天の絶好のゴルフ日和となりました。

当日の募金も多く集まり、過去最高額である40万円が集まりました。頂いたご寄付は東大ハウスを利用する患者さんとそのご家族のために大切に使わせて頂きます。

今後もハウスを応援する多くの方々の交流を、そして何より患者家族を応援するための継続的なご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

東大ハウス ハウスマネージャー 弘中

RMHC Globalからの嬉しいニュース

RMHC Global よりとても嬉しいニュースが発信されましたのでご紹介します。

 

日本のオーナー・オペレーターがThe Gerry Newman McTLC賞を受賞!

日本マクドナルドのオーナー・オペレーターである竹内久雄さんが今年度のThe Gerry Newman McTLC賞を受賞されました。

この賞は、病気と闘う子どもとその家族を支援するのために努力を積まれたオーナー・オペレーターが毎年1名受賞しています

竹内さんは1110日(土)、シカゴで開催されたRMHC Award of Excellenceの授賞式に出席され、副賞としてRMHC Globalから授与された10万ドルの助成金の寄付先を選ぶ権利が渡されました。

この賞はマクドナルドのオーナー・オペレーターの大事な役割であるRMHCへのサポート、コミュニティーへのサポートに対して授与されるものです。これまで受賞された皆さんは注目を集めようとすることもなく淡々と貢献し、夢を大きく持ち、病気と闘う子ども達の人生を少しだけでも前向きにできたという満足感で周りの人に影響を与えるような存在です。

 

ドナルド・マクドナルド・ハウスの日本第1号のせたがやハウスをサポートする竹内さんのリーダーシップとハウスに対する情熱はこの賞の受賞に値します。2001年まで、ドナルド・マクドナルド・ハウスのコンセプトは日本ではほとんど知られていませんでした。ハウスオープンと同時に認知を広げ、理解を促すために竹内さんは店舗にポスターを掲出、お客様にリーフレットを配布、募金を集めにも積極的に取り組まれました。またハウスを支援するためにチャリティーランナーとして東京マラソンに3回もチャレンジし、ハウスが子ども達とその家族のために日本の地で末永く存在できるよう道筋をつけてくださいました。

 

せたがやハウスは開設から17年の間で2度の増室を行い、その認知理解を促進したことで、現在日本にある他の11ハウスの模範として稼働しています。竹内さんは地域と一体となって様々な形でハウスを支援し、地域がハウスを支援するという基礎をつくっていただきました。

 

竹内さんは現在23店舗を運営しており、従業員の皆さまやお客様と共にドナルド・マクドナルド・ハウスを熱心にサポートし続けています。

ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

「健都」いよいよオープン!

おおさか・すいたハウスが来年7月に移転するのは、JR新大阪駅から3つめのJR岸辺駅北側に広がる北大阪健康医療都市「健都」です。

1117日(土)青空の広がる中、JR岸辺駅と駅前複合施設「VIERRA岸辺健都」を結ぶ公共通路(デッキ)にてこの「健都」のオープン記念式典が行われました。

 VIERRA岸辺健都」のビルの中はスーパーをはじめ、医療施設や飲食店などが入っています。

移転後は、国循で看病される方にとって、買い物など生活がしやすくとても便利になりそうですね。

飲食店では国循名物の「かるしお」を取り入れた定食などのメニューもあり、「健康・医療」のまちづくりを感じます。

 

おおさか・すいたハウスも新ハウスのアピールと募金活動を行いました。

12時のVIERRAのオープンを待ちきれず、ビルのまわりはすごい人の列で、入場するのも一苦労だったようです。

「来年の7月、国循と同時に移転してきます。ボランティアさんも募集します!よろしくお願いします。」「へ~、どこに来るの?」と関心を持ってくださる方もたくさんいらっしゃいました。15,941円の募金も集まりました。

 新ハウスの建設、滞在棟がやっと形になってきました。

 共有棟はまだまだ地面がむき出しですね!

新ハウスはJR岸辺駅まで200mくらいの場所にあります。

移転準備もいよいよ本腰をいれなくては・・・。新ハウスのオープンが待ち遠しいですね。

 

おおさか・すいたハウス

宇都宮は餃子の街♪ ~宇都宮餃子祭にて募金活動~

11月3日(土)、11月4日(日)は、宇都宮城址公園で年に一度の餃子ファン感謝デー「宇都宮餃子まつり」。
このイベントは1999年から始まり、毎年11月の第1土曜、日曜日に行われています。市民はもとより、宇都宮の餃子を一度食べてみようと県外から多くの人たちで賑わいます。
その中、今年もとちぎハウスは募金活動で参加しました。

2日間でチャリティー魚釣りゲーム、ジュース募金、スマイルソックス募金その他で合計¥111,429もの募金が集まりました!

今回も、餃子会様から焼きたての美味しい餃子をハウスボランティアさんに振る舞って頂きました。ハウスボランティアの皆様、県立上三川高校社会福祉部の皆様、募金活動大変お疲れ様でした。

また、ハウス募金にご協力くださった来場のお客様、毎年、ブース提供にご協力くださる餃子会様、本当にありがとうございました。

とちぎハウス

佐藤奈津さんがオックスフォードのハウスを訪問

ドナルド・マクドナルド・ハウスのホームページや募金箱などに、モデルとして息子さんと活動してくれている佐藤奈津さんが、10月22日(月)にイギリス、オックスフォードにあるドナルド・マクドナルド・ハウスを訪問してきました。
その時のことをまとめてくれましたのでご紹介します。

病院内にあるハウス

オックスフォードにあるハウスまでは、市の中心から20分ほどバスで走ります。
JOHN RADCLIFFE HOSPITALの建物の4階にあり、隣は医師の当直室等です。この病院はオックスフォード大学の系列の病院みたいです。

ハウスは、こども病院内の4階にハウスがあります。

海外では「Ronald McDonald House」

日本にも飾っている「感謝の樹」です。

スタッフの紹介です。ハウススタッフの年齢層は30~50代、男女の比率も同じくらいだと思います。

こちらのサイトでスタッフの紹介をしています。日本でもぜひ取り入れたいですね。

イギリス国内でも小さいハウス

こちらのハウスは、イギリス国内でも小さいハウスのようで部屋数は17室。この日はいっぱいでした。大抵の方は利用期間が2、3週間が多いそうですが、利用に上限日数はないと言っていました。
私が利用している「ふちゅうハウス」に比べると全体的にこじんまりとしていて、日本のハウスとコンセプトを含めほぼ同じかなという印象です。

使いやすいシャワールーム、そして部屋にテレビや冷蔵庫もあります。(写真・右)

ただ、こちらのハウスは日本のようにリビングが広くないので、日本のハウスの方が他の家族との交流はできるのではないかと感じました。


明るいリビング

共用の洗濯機は日本にありますが、共用で使えるお風呂がありました。

その他、各部屋にアメニティが充実していて、バスタオルも自由に使えるようになっていました。アメニティが追加で必要な場合は、安価で販売(募金)もしていました。

その他、オックスフォードは公共機関や病院、電車、バスなどどこへ行っても安心して使えるFree Wifiがありました。日本でも増えてはきていますが全ハウスにFree Wifiがあると助かりますね。様々な情報を得たり自宅で留守番している家族とテレビ電話などパケット気にせずにできると思います。

我が子だけじゃないと励みに

そして、印象的なのは、ハウス内に飾られている今まで利用してきた子ども達の沢山の笑顔の写真。

みんな、治療のためのチューブが入っていたりしますが、とびっきりの良い表情でした。きっと、今利用しているご家族にとっても、その笑顔の写真をみて我が子だけじゃないと励みにもなるのかなあと思いました。また、掲示物もとてもカラフルで可愛いかったです。

休みの日は学校活動ではなく個人でボランティアに行くことが普通

午前中は、現地スタッフとお互いに自己紹介したり楽しくおしゃべりをしました。

私が訪問した時、午前中ボランティアとして高校生が来ていました。高校生の男の子が個人で連休中にハウスにボランティアに来るのは普通みたいです。とても素晴らしいことです。


ボランティアとして参加してくれている高校生(奥)

ランチは、病院内のお洒落なカフェでホットサンドをテイクアウトして頂きました。レジのところには3種類の募金箱のようなものがありました。


おしゃれで可愛い募金箱

午後は、利用しているご家族はほとんど面会に行っているので、書類の受け渡しで小児病棟とPICU(小児集中治療室)のご家族のもとに出向きました。
日本だと、ハウスのスタッフがPICUに入るのは考えにくいですが、病院とハウスのスタッフも顔見知りで信頼関係ができているように感じました。幹汰(息子)も日本のPICUに何度か入っているので興味深く見学しました。


ここから先が病院

そのあとは、利用者の洗濯をしたりタオルをたたんだり、チェックインするご家族の対応をしたりとあっという間に夕方になりました。日本と違う点は、ハウスは病院内にあるので、掃除は病院の清掃スタッフがしてくれていました。病院の一部として機能しているようです。

ハウスを訪問して感じたこと

日本は感染症の持ち込みの問題でほとんどの病院がこども(兄弟・姉妹)の面会はできませんが、イギリスのこども病院はこどもの面会制限がないそうです。そのせいか、両親や兄弟揃ってハウスに宿泊している方が多いように感じました。

「病気のこどもが、大好きな家族と当たり前のように一緒にいることができる」
「だからこそ安心して治療に望める」のかもしれません。一番大切なことを感じてきました。


ハウスからの景色。公園や緑がいっぱい

日本から遠く離れている国でも、我が子と同じように病気と闘っているこどもとその家族がいること。そしてそれを支えるスタッフ、ボランティアさんがいらっしゃることが励みになりました。

言葉は違えども、何も変わらないですね。

佐藤奈津

ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

「13年間の感謝を込めて‥10/27オープンハウス開催!」

「これが最後になるのよね~」

オープンハウスが近づくにつれ、ボランティアさんたちの会話の中にもよくこの言葉が出てきました。
来年の7月にハウスが移転するため、皆さんの胸のうちにもさまざまな思いが去来するようです。
その思いがどんどん熱くなり、準備は急ピッチで進みました。

オープンハウス当日!
事前の天気予報から一転、朝には雨も上がり・・・オープンが近づく頃にはさわやかな秋晴れに🍁
まずは、皆の心を一つに!。
全員集合で「はい!ポーズ」

12時いよいよ、オープン!
毎年大人気の支援企業の方々によるチャリティー物品販売には早くも行列が。
「歌とちんどん 楽しい音楽会」や「月の立体地図で40億年前にタイムスリップ」など楽しいイベントや盛りだくさんのワークショップ、ボランティアさんの作品のバザーなど、どこも熱気に溢れていました。

ゲームコーナーやクイズラリーで子どもたちも目がキラッキラ✨
そして、やはり「ドナルドショー」はお子さんたちの一番のお楽しみですね!

また、今回初めての参加「セラピー犬」には、その愛らしさに子どもも大人も♥すっかり目がハートに・・・。

ハウスお向かいの府立北千里高校の生徒さんは、ご近所でオープンハウスをするのも今回が最後ということで、軽音楽部・ダンス部・吹奏楽部・科学部・茶道部・製菓部・漫画動画研究会と文化部総出の勢い。大勢の若い力でこの日を盛り上げてくれました。

千里最後の開催となるオープンハウス。今回のテーマは「13年間ありがとう…そしてこれからもよろしく!」
皆さまに支えられて来たこの13年間への、感謝の想いを伝える場にしたいと考えました。

利用家族の方々からもたくさんのハートのメッセージが寄せられ、当日の来場者の方からは利用者さんやハウスへの「応援」の言葉が集まり、ハウス中が温かいハートで溢れました。

ボランティアさんたちも一針一針心を込めてハートのモチーフを作ってツリーに飾り、素敵な「Thanks💛ツリー」も完成✨。

利用者さんに心を寄せる想い。
ハウスを応援する気持ち。

皆さんに感謝を伝えたかったのに、かえって皆さんから確かな贈り物をいただいたように思います。本当にありがとうございました。

お忙しい中、駆けつけてくださった後藤吹田市長。来場者の方とのじゃんけん大会は心理戦で一層盛り上げてくださいました!

支援企業やマクドナルド社員の皆さま、ハウスボランティアの皆さま、府立北千里高校社会貢献同好会・金蘭千里中高等学校のボランティア部の生徒の皆さま、そしてご来場くださったたくさんの方々。皆様からのご支援を心から感謝申し上げます。

■入場者数:約550名
■募金・寄付総額約:344万円

次回オープンハウスは、JR岸辺駅前の「新ハウス」で・・・💛

おおさかハウス

ハウスってどんな所?ボランティアを一緒にしましょう

~埼玉県の皆さんへ、さいたまハウスのボランティア活動の紹介をしました~

埼玉県の皆様にハウスの活動紹介とボランティア募集について、9月と10月に続けてお話しさせていただきました。

9月13日(木)は、浦和のさいたま商工会議所にて「彩の国コミュニティ協議会・共助事例発表」として、市町村のコミュニティ協議会さん、県域団体さん、企業さんに向けてドナルド・マクドナルド・ハウスの取り組みやボランティア活動の紹介をさせていただきました。

2回目は10月11日(木)、春日部市ふれあいキューブにて「シニア共助担い手塾・団体紹介」として同じようにハウスの活動紹介をさせていただきました。

「小児医療センター内でそのような活動をしているのが初めて分かった」

「公益と企業の考えがマッチングして、社会の為に役立つ」などご意見をいただくことができました。中にはサポート会やマンスリー会員の募集パンフレットを地元に置いてくださるとのお申し出もあり、早速郵送させていただきました。
さいたまハウスはオープンしてもうすぐ2年になろうとしていますが、少しずつ埼玉県内でもハウスの活動を知ってくださる方が多くなり、とても嬉しいです。

ハウスの役目はハウスを利用されるご家族とその支援者をつなげることだと思っております。普段は病院内にあるため、人の目に触れる事が少ないのですが、外での発表や見学内なども今後は行い、ハウスの告知を行っていきたいと思います。

ご協力戴きました、埼玉県の県民生活部の皆様、公益財団法人いきいき埼玉の皆様ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い致します。

さいたまハウス

「今月のありがとう!」(10月編)

10月も各ハウスへたくさんの心のこもったご支援、ご協力をいただきました!

さっぽろハウス

■稲穂高等支援学校の皆さま
ハウス内の清掃をしてくださいました。

■(株)フォーモーション様
畑で作業をしてくださいました。

■第一生命労働組合 道央営業職支部様
洗剤など消耗品の寄付をしてくださいました。

■北海道理容生活衛生同業組合 青年部の皆さま
ハウス内の清掃や日用品の寄付をしてくださいました。

■マルハン琴似店様
日用品の寄付をしてくださいました。

おおさかハウス

■グラクソ・スミスクライン株式会社様
3回のミールプログラムでは、和・洋・中のごちそうメニューを作ってくださり、利用者さんからもたくさん感謝の言葉が届いています。


3回目の時は、お料理チームと同時進行で間近に迫ったオープンハウスのイベント準備も手伝ってくださいました。

■ノバルティスファーマ株式会社様
昨年に引き続き、ボランティア活動にきてくださいました。同期3人息ぴったりの抜群のチームワークでオープンハウスの目玉イベント・チャリティー宝くじの準備を手伝ってくださいました。

■新機能科学株式会社様
とちぎハウスからの紹介で、患者さんを看病する利用者さんにはとても重宝する衛生用品を届けてくださいました。

■イオン北千里店様
「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」で、2018年4月~8月の間の毎月11日におおさか・すいたハウスにご投函いただいた総額は2,276,401円。
その1%の22,800円分のギフトカードをご寄付いただき、食料品や日用品など多数購入させていただきました。

■ネットワンシステムズ株式会社様
急なチェックイン時など、利用者さんにはとってもうれしい歯ブラシを50本をいただきました。

■千里金蘭大学児童教育学科の皆様
ハウス近隣にある大学の学生さんが、今年も日用品や食料品を持参で見学に来てくださいました。

とちぎハウス

■エコライフ祭り
地域のお祭りの募金で毎年ハウスを支えてくれています。

■足利市立山前小学校PTA地域部様
ハウスを利用する子どもたちがお絵かきできるクレヨン、その他文房具、日用品をいただきました。

■HAVIサプライチェーン・ソリュージョンズ・ジャパン合同会社様
食料品やランドリー用品などをいつもたくさんありがとうございます。利用者さんも喜んでいます。

■新機能科学株式会社
衛生用品(シェリール)を毎年寄贈いただいています。今年も冬場の感染症に備えて寄贈いただきました。

■あじさい会の皆さま
いつも綺麗な花で飾ってくれています。冬に向けてパンジーをたくさん植えていただきました。

ふちゅうハウス

■みらかホールディングス株式会社様
ハウス周辺の清掃とイベント準備をしていただきました。

■明治安田生命保険相互会社
ハウス周辺の清掃をしていただきました。

■グラクソ・スミスクライン株式会社様
ミールプログラムを実施していただきました。

■株式会社セールスフォース・ドットコム様
ハウス内の清掃をしていただきました。

■北里大学2年生の皆様
ハウス内の清掃をしていただきました。

■多摩医療PFI株式会社様
コピー用紙の寄付をいただきました。

東大ハウス

■グラクソ・スミスクライン株式会社様
ミールプログラムを実施していただきました。

■プルデンシャル生命保険株式会社様
ミールプログラムを実施していただきました。

■東大ハウスのボランティアの皆さん
スイーツのミールプログラムを実施してくださり、ハロウィン風に可愛くラッピングしていただきました。

■グラクソ・スミスクライン株式会社様
ミールプログラムを実施していただきました。

■PGF生命保険株式会社様
ミールプログラムを実施していただきました。

■グラクソ・スミスクライン株式会社様
ミールプログラムを実施していただきました。

この他にも、たくさんのご支援をいただきありがとうございました。
皆さまの温かいお気持ちが病気と闘う子ども達とそのご家族に届きますように。

ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ