1. Home
  2. BLOG

BLOG

今年は90名でボランティア!

今年も、明治安田生命保険相互会社のみなさんが1日ボランティアに来てくださいました。
今年は総勢90名!!

集合写真

明治安田生命保険相互会社様からは、利用ご家族から要望のあった『室内物干し』全室分16個も寄付をいただきました。

寄付品贈呈

室内物干しは、みなさんに組み立てていただき、さっそくベッドルームに設置しました。ベッドルームや共有スペースの窓ガラスもピッカピカになって、利用ご家族もますます快適に過ごせるようになりました。

室内物干し組立

お子さんたちは、お母さんと一緒にクリスマスツリーの飾りつけをして下さり、ハウスが一気に華やかなクリスマス気分になりました。

クリスマスツリー飾りつけ

たくさんの方が活動して下さっているのは、ハウスの庭や外回りの草引き、草刈り、庭木の剪定です。こうちハウスはとにかく庭が広いのとハウスの周りは自然がいっぱい!雑草があっという間に伸びてしまいます。

草引き

フェンス外側は、1年間手つかず状態で、前が見えない背丈ほどの雑草です。両側から、前日グリーンボランティアさんが研いでくれたカマを片手にスタート。

草刈り

男性5人がかりで1時間以上かけてきれいに刈ってくれた通路で「達成感を味わえた!」と満足気な表情でガッツポーズ!!

草刈り終わり

年々参加人数が増加している明治安田生命保険相互会社のみなさん。ほとんどの方が毎年来てくださるので、作業も片づけまでも慣れたものです。

終了後は、「また来年来ます!」とさわやかな笑顔で帰られました。

ありがとうございました。

こうちハウス アシスタントマネージャー 竹島

地震・津波に備えて防災訓練

高知では、南海トラフ地震の訓練がいろいろな施設や地域で行われています。

こうちハウスでは、高知医療センターと連携を取って、津波の時の避難場所を改めて確認し合いました。
また、先日ボランティアさん対象に「地震・津波の防災訓練」を行い、高知県が作成した防災DVD「その日、その時」を視聴しました。

防災訓練 (2)

地震が起きたら・・・、津波が来たら・・・家族は、避難所はなど、イメージしたり考えたりする内容のDVDです。
聴後の話し合いでは、防災袋の再点検や家族を守ることなど日頃の準備の必要性を感じた話し合いになりました。ボランティアさんの震災に対する関心も高く、地域でも防災セミナーや訓練に参加している方もいました。

DVD視聴後には、新聞スリッパを2パターン作成しました。

防災訓練 (3)

新聞スリッパを作ってみて、避難場所での衛生面、寒さ対策など新聞紙の活用の幅広さをあらためて感じました。また、作り方をみんなで教え合うことで誰でも作ることができ、コミュニケーションツールにもなります。

防災訓練 (4)

誰かを支える力を持っているボランティアさん。もう、この新聞スリッパの作り方を地域に広めようと動き出しています。
いつ、どこであうかわからない災害。備えの大切さを感じた訓練でした。

防災訓練 (1)

ボランティアの皆さん、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

こうちハウス アシスタントマネージャー 竹島

「”こうちハウス” 2017年オープンハウス チャリティー福引当選発表!」

10月29日(日)に開催されましたオープンハウスでのチャリティー福引の当選番号は以下の通りです。
引き換え期間は2017年12月31日までとなっております。
お手数ですが期間内にハウスにお越しください。

❤サンピアセリーズさま 提供
サンピアセリーズ 食事付宿泊券(ペア) (1組)
当選番号:1017
サンピアセリーズ 食事券 (10名)
当選番号:1027・0709・0255・0210・1159・0376・0400・0301・0160・0018

❤宮地電機株式会社さま提供
ラ・ヴィータ ディナー券(ペア) (1名)
当選番号:0022
ラ・ヴィータ 利用券 (10名)
当選番号:0707・0009・0176・0847・0590・0834・0063・0292・0658・0890

❤株式会社フォーティ・エス さま 提供
マクドナルド ハンバーガー券&ポテト券(セット) (10名)
当選番号:0716・0003・0129・0201・0156・1006・0237・0850・0500・0527
マックカード (10名)
当選番号:0249・0471・0139・1160・0503・0909・0821・0868・1191・0829

❤オールウィン株式会社 さま 提供
ホットプレート(東芝HGK-10WK) (1名)
当選番号:0173

❤シャンゼ美容室 さま 提供
シャンゼ美容室 技術券 (4名)
当選番号:1028・0172・0474・0200

❤ザ クラウンパレス新阪急高知 さま 提供
ザ クラウンパレス新阪急高知 食事券 (2名)
当選番号:0827・0904

❤日本コカ・コーラ株式会社 さま 提供
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン チケット(ペア) (1名)
当選番号:0910

❤山田耕一 さま 提供
任天堂ゲーム機3DSLL(本体) + 妖怪ウォッチ スキヤキ(ソフト)(1名)
当選番号:0280
QUOカード5000 (5名)
当選番号:0105・0536・0375・0803・0152
QUOカード3000 (5名)
当選番号:1161・0162・0061・0221・0585

❤RT HAIR CREATION quarita ̀店さま 提供
RT HAIR CREATIONオリジナルブランド「qofela.」シャンプー&トリートメント (5名)
当選番号:1189・1059・0641・0833・0822

❤土佐力舎Shop&Caféさま 提供
室戸海洋深層水を使った商品 詰合せ (5名)
当選番号:0333・0262・1075・0149・1105

当選された方、おめでとうございます!今回惜しくも当選されなかった方は次の機会をお楽しみにしてください。
チャリティー福引でいただきました募金は、病気の子どもと家族を支えるために、こうちハウスの運営費として大切に使わせていただきます。
チャリティー福引にご参加くださったすべての皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました。
尚、オープンハウスの模様は後日ブログにてご報告させていただきます。

こうちハウス

「10/29(日)オープンハウス開催@こうちハウス」

10月29日、オープンハウスを開催します!
オープンハウスとは、年に一度、地域の方にハウス内を開放し、

実際にハウス内をみていただくことで、ハウスへの理解を深めていただくことを目的としたイベントです。
ハウスは企業や個人からの寄付や募金、ボランティアによって、病気の子どもと支える家族を支援しています。

活動の輪が更に広がるように、また、来訪された方にも楽しんでチャリティに参加していただけるよう
盛りだくさんの催しも実施いたします。

日時 :10月29日(日)10:00~16:00
場所 :ドナルド・マクドナルド・ハウス こうち
入場料:無料
駐車場:有(無料)
主催 :ドナルド・マクドナルド・ハウス こうち ワーキンググループ
協賛 :152企業(団体等)
《イベントプログラム》

11:00~ 高知医療センター病院長 吉川先生 講演

12:00~ ドナルド ショー

13:00~ Led groooover ライブ

14:00~ 高知ユナイテッドSCと交流しよう!

15:00~ チャリティ福引 抽選会

 

他にもチャリティバザーや協賛企業によるチャリティブース、ハウス内を巡るスタンプラリー、
お子様向けゲームなど、盛りだくさん。

来場者には、マックフライポテト無料券を差し上げます!

 

お問合せは☞ ドナルド・マクドナルド・ハウス こうち オープンハウス2017事務局(℡088-837-3650)

こうちオープンハウス

……………………………………………………………………………

また、こうちハウスでは10月29日に開催されるオープンハウスに併せて、チャリティ福引を行っています。

 

500円の募金でチャリティ福引参加券を1枚差し上げます。是非、ご参加ください!

抽選する商品はこちら☟

サンピアセリーズ 様 提供 サンピアセリーズ 食事付宿泊券(ペア) 1組
サンピアセリーズ 食事券 10名
宮地電機㈱ 様 提供 ラ・ヴィータ ディナー券(ペア) 1組
ラ・ヴィータ 利用券 10名
㈱フォーティ・エス 様 提供 マクドナルド ハンバーガー券&ポテト券 各10枚 10名
マックカード 10名
オールウィン㈱ 様 提供 ホットプレート(東芝HGK-10WK) 1名
シャンゼ美容室 様 提供 シャンゼ美容室 技術券 4名
ザ クラウンパレス新阪急高知 様 提供 ザ クラウンパレス新阪急高知 食事券 2名
日本コカ・コーラ㈱ 様 提供 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン チケット(ペア) 1組
山田耕一 様 提供 任天堂ゲーム機3DSLL(本体) + 妖怪ウォッチ スキヤキ(ソフト) 1名
QUOカード5000 5名
QUOカード3000 5名
RT HAIR CREATION quarita`店 様 提供 RT HAIR CREATIONオリジナルブランド「qofela.」シャンプー&トリートメント 5名
土佐力舎Shop&Café様 提供 室戸海洋深層水を使った商品 詰合せ 5名

 

※但し、サンピアセリーズ 食事付宿泊券(ペア)は抽選時に会場にいる方に限定させていただきます。

 

抽選日時:10月29日(日)15:00

発表方法:当選№を当ブログに掲載(11月1日予定)

商品引換:12月31日まで

 

商品をご提供してくださった皆さま、ありがとうございます。

CIMG6793 (600)

募金は、病気の子どもとその家族のためにドナルド・マクドナルド・ハウス こうちの運営費とさせていただきます。

皆さまのご来場を楽しみにしています‼

 

こうちハウス ハウスマネージャー 近藤二夫

「高知大学フィールド医学研究会の募金活動」

 

高知大学医学部フィールド医学研究会のみなさんが、募金を届けに来てくださいました。

以前、こうちハウスを見学にきていただいた方々です。

今回は、高知県土佐町でおこなわれた健診にて、健診に参加されていた医療関係者のみなさんへ

ドナルド・マクドナルド・ハウスについてのプレゼンをおこない、募金活動をしてくださったとのことでした。

フィールド医学

フィールド医学研究会のほとんど方は見学するまでハウスのことを知らなかったそうですが、実際にハウスをみることで、ハウスの必要性や多くの方の善意によって成り立っていることを実感したそうです。

将来、医師として活躍されるみなさんにとってハウス見学が有意義な体験になっていたら幸いです。

 

募金してくださったみなさま、高知大学医学部フィールド医学研究会のみなさま、ありがとうございます。

募金は病気と闘う子どもと家族のために、こうちハウスの運営費として使わせていただきます。

 

 

ハウスマネージャー 近藤

「ナツボラ!」

こうちハウスでは、毎年夏休みを利用したボランティア体験「ナツボラ」を受け入れています。今年も延べ35名の学生さんを受け入れました!
ハウスのことをより理解していただけ、ボランティアさんと一緒に活動する中で、学ぶことがたくさんあったようです♪ボランティアを体験した学生さんの感想を紹介します。

ボランティア活動

≪感想その1≫
『私は、幼いころから「人の役に立ちたい」という思いがあり、医療関係の職に就きたいと思っています。
その中でも患者さんを近くで支えたいと考え、看護師になることが目標となりました。また、姉が幼いころに難病を患ったこともあり、小児医療に興味があります。
今回、学校で配布された『ナツボラ』の冊子を見て、小児患者の家族が利用するこの施設のお手伝いをする上で、患者さんの家族の心情や現状を知ることができればと思い参加しました。
施設を利用した方々が書かれたノートを見ると、この施設があることで助けられた人々が多いことを実感しました。また、この施設がボランティアの方々にとても支えられて成り立っているということも実感しました。
現在は高校3年生で受験を控えているためできないですが、時間があるときはまたボランティアに参加したいと思います。』

≪感想その2≫
『私が今回このボランティアに参加した理由は、将来小児科の看護師になりたいと思っていて、ドナルド・マクドナルド・ハウスのような活動に興味があったからです。また、病気と闘っている子どもやその家族の方のために少しでも自分も役に立ちたいと考えたからです。
1日だけの参加でしたが、施設について知ることができました。ベッドメイキングや庭での花への水やりなど施設を利用される方が気持ちよく過ごせるようにお手伝いをさせていただくことでとても達成感を感じ、自分自身も気分が良くなりました。
今回の経験は自分の将来につながるものになりました。現在は受験生なので参加をすることが難しくなりますが、進路決定後はまた参加したいと思います。
進学後は、どのようにすれば患者さんや家族の方のQOL(クオリティオブライフ:患者さんの身体的な苦痛を取り除くだけでなく、精神的、社会的活動も含めた総合的な活力、生きがい、満足度)を大切にしていけるのかをいうことを学びたいです。』

こうちハウス アシスタントマネージャー 宮地

「利用ご家族よりメッセージ♡」

ハウスを利用されたご家族からのメッセージをご紹介します。

『小学一年生の初めての夏休み、娘は川遊びをしていて溺れ、親戚やその場にいた方の蘇生の後、ドクターヘリで医療センターに運ばれました。自発呼吸が少し出来ているものの、危険な状態ですと連絡がはいり、訳がわらないまま嘘だよね?と何回も呟きながら車を走らせました。初めて見た娘は、まるで別人みたいで夢のような感覚でした。
その後、ICUで治療が始まりました。医師や看護士さんから「お母さんが元気じゃないと駄目だから休んでください。目が覚めた時からが大変だから。」と促されその夜は久しぶりにマクドナルドハウスのベッドで眠る事が出来ました。
その後、娘は医師や看護士さんのお陰で奇跡的に意識が回復し、検査も異常なく8日後にはICUから一般病棟へ移ることができました。さらに娘が頑張ってくれた結果、外泊の許可が下りるまでになりました。事故で旅行に行けなかったこと、マクドナルドハウスに泊まってみたいと以前から言っていたこともあり、外泊はマクドナルドハウスにしました。
ハウスのみなさんも心配してくれていたようで、娘の元気な姿にビックリしていました。何よりも家族みんなで寝られる事の幸せがありました。
ここまでのハウスの存在が私達夫婦にとってどれだけ支えになった事か…、いろいろな方と出逢い、沢山の優しさをいただきました。

外泊の際、娘が募金をしたいといったので退院する時にいっぱいしようねと小銭をわたしてあげました。そんな姿を見られるなんて想像すらできなかったのに、、、本当に幸せでした。

もう少し大きくなったら、いろんな方のお陰で生命が助かった事、もっと大変な方がいる事、このマクドナルドハウスの事、今度はあなたが小さな事でもいいから恩返ししようねと伝えたいです。

みなさん、本当にありがとうございました。

P.S 今でもこんな文章が書けるようになるとは信じられません。本当に本当に奇跡なのです、、、』

利用者さん

こうちハウス

「こうちハウスでの職場体験♪」

「おはようございます!よろしくお願いします!」ちょっと緊張も感じられるさわやかな笑顔で玄関を入ってきたのは、高知市立介良中学校3年生の9名の生徒さん。職場体験の場所としてこうちハウスを希望してやってきました。

先日のオリエンテーションでハウスツアーをしていたので、この日は利用ご家族とボランティアのお話してからのスタートです。

掃除や洗濯、ベッドメイキングなど、ボランティアさんが日々活動していることを、「利用ご家族が気持ちよく過ごせるために」という思いを持ちながら体験していただきました。

介良中職場体験 (8)

1日だけですが、将来、何かの時に思い出してもらえたらいいな・・・そんな思いも持ちながら受け入れた職場体験。
いつもお母さんがやってくれていることを自分でやってみて、お母さんの大変さを感じた生徒さん。病気の子どもを看病しているご家族の思いを感じながら活動していた生徒さん。きれいになった部屋や上手にできたベッドメイキングを「嬉しかった!」「楽しかった!」と言っていた生徒さん。最後にサンキューカードを作っていた時には、みんなとっても優しい顔をしていました。

介良中職場体験(40)

次は、ショップや美容院、水族館などで職場体験をするそうです。いろいろな経験が将来の夢に繋がりますように!

こうちハウス アシスタントマネージャー 竹島

「キルトサークル~12年の軌跡~」

私でもお手伝いできたら、、、とボランティアさんがキルトサークルを立ち上げてから12年。全国のドナルド・マクドナルド・ハウスのオープン記念に作品を送り続けています。そんなボランティアさんが、キルト作品たちを思い出せるように作ったという小冊子を見せてくれました!

キルト表紙

冊子中身

作品を送る際に言っていた「出来上がったキルトを送る時は、いつも我が子ををお嫁に出すような気持ちよ、少し寂しい気もするけれど行った先のハウスでご家族の心の栄養になればいいね。」の言葉、忘れられません。こうちハウスのキルトを見るたびに心がほっと和むのはきっとボランティアさんたちの優しい気持ちが込められているからなんですね!

こうちハウス アシスタントマネージャー 宮地

「心あたたかくなる学生さんの想い」

昨年よりボランティア活動や、学園祭での募金活動などで協力をいただいている土佐中・高等学校インターアクト部の皆さんがボランティアに来てくださいました!医療従事者を目指している学生さんも多いということで、利用ご家族からのメッセージをふまえながらハウスツアー、その後ボランティア活動。

土佐中・高等学校インターアクトクラブ (3)

土佐中・高等学校インターアクトクラブ (2)

帰りに素敵な感想を残してくださったのでご紹介します!
『今日の活動で自分にできることがたくさんあることを知りました。正直ボランティアは難しそうだなあというイメージだったので少し驚きです。部屋の掃除をしている時、利用者の人がどんな思いでこの部屋を使っているのか考えていました。私も手術を受け入院したことがあるのですが、毎日母が通ってくれ世話をしてくれたことを覚えています。家族がいるとその間は落ち着くし安心できます。私より小さく病状が重い子たちにとって家族がそばにいることはすごくすごく重みのある大切なことなんだろうなと思いました。これからもっともっとドナルド・マクドナルド・ハウスが増えたらいいと思うし、そのお手伝いや活動をもっともっとしてみたいを思いました。今日の事は一生忘れないし、周りにそういう人がいたらここをおすすめしてあげたいです。』

『今日初めてドナルド・マクドナルド・ハウス こうちに来ました。名前は知っていましたが実際に来てみてどういう所なのかということは初めて知りました。子どもを大切に思う家族の言葉に心を動かされました。私がインターアクト部に入部したのはつい最近ですが、これからこのような活動を通して少しでも誰かの役に立てればと思っています。』

緊張していたのかとてもおとなしく見えたのですが、心の中に熱い想いを持っている素敵な学生さんたちでした!これからも定期的にボランティア活動に来ていただけるということで頼もしいかぎりです。

こうちハウス アシスタントマネージャー  宮地

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ