1. Home
  2. BLOG

BLOG

2018年9月の記事一覧

「2018 チャリティー・ラッフル さいたま」今年も開催します!

「2018 チャリティー・ラッフル さいたま」開催!

さいたまハウスでは、11月25日までの間にさいたまハウスで募金していただいた方に抽選券(100円毎に1枚)を差し上げています。後日抽選会を行い、支援企業より提供していただいた景品があたるかも!という募金キャンペーンを行っています。

昨年はなんと53万円の募金が集まりました。今年は80万円を目標にしています。
多くの企業様にご支援いただき、昨年よりも沢山の景品が集まっています。

〈景品の一例〉

電動自転車、自転車、クオカード、ホテルブリランテ武蔵野のペアランチ券、カタログギフト、アルピーノ特製洋菓子セット、有名テーマパークペアチケット、高級女性用化粧品などなど。

是非、この機会にさいたまハウスで募金をしてみてください。
詳しい資料はこちら

*ラッフル募金とは?
アメリカでよく行われている「くじ付き募金」の事で、企業様より提供された景品が当たるかも!?という募金イベントです。

【ラッフル募金の参加の仕方】
①さいたまハウスで100円以上の募金をしてください。お礼にラッフル券(抽選券)をお渡しします。
②景品の当選発表は12月5日(水)にHP上で発表します。
③当選した方は、さいたまハウスで景品をお渡しします。

*個別の当選の問い合わせはお控え下さい。
*当選した方は さいたまハウスで景品をお渡します。(引換期間: 12月5日~ 1月31日)

主催:さいたまハウスを支える会
電話:048-601-0123

〈支援企業〉
株式会社山全フーズ、株式会社山中、株式会社セブン、日本マクドナルド株式会社、国際商事、株式会社マミーマート、ホテルブリランテ武蔵野、和生菓子豆の木、大森胃腸科クリニック、アルピーノ、アドバンスウィング株式会社、東京センチュリー株式会社、プーキートレーディング株式会社、マルベリーガーデン、中央区郵便局、アイ・ワークス株式会社、その他法人、個人

皆様のご参加、お待ちしています。

さいたまハウス

毎年継続していただいている温かい支援と活動

東京都・埼玉県・群馬県 の マクドナルド76店舗を運営する株式会社豊昇様には、普段からドナルド・マクドナルド・ハウスへのご理解をいただいており、会社全体で清掃などのボランティア活動を熱心にしていただいております。
とくに最近、ふちゅうハウスとさいたまハウスは継続的にご寄付をいただいており、今年もご寄付をいただけるという事で、9月6日に株式会社豊昇様の会議に参加させていただきました。

まずは、ふちゅうの向井マネージャーより財団全体の報告とふちゅうハウスの報告、次にさいたまの斎藤マネージャーよりさいたまハウスの活動の紹介をしました。
また、利用されたご家族の動画を社員の方に見ていただききました。
そして田中社長様よりそれぞれのハウスへご寄付の目録をいただききました。


ふちゅうハウスへ贈呈(ふちゅうの向井マネージャー(左)と田中社長様(右))


さいたまハウスへ贈呈(さいたまの斎藤マネージャー(左)と田中社長様(右))

ご挨拶の時に社長様が「これは個人からではなく、社員の皆さんが暑い中一生懸命働いてくださったおかげで得た利益をハウスに支援しています。ぜひ、皆さん一人一人誇りに思ってください」とおっしゃっていました。

最後に社員の方が心を込めてハウスの滞在家族の為に折ってくださった折り鶴のフレームもご寄贈戴きました。

毎年寄付を継続していただくのは、本当に大変な事だと思います。
沢山の企業の方、個人の方のこのような支援によって、ハウスは病気のお子さんとご家族を受け入れる事が出来ています。
今後もどうぞよろしくお願いします。

ふちゅう・さいたまハウス

たのしいバザー開催します♪

たのしいバザー開催!

さいたまハウスがある埼玉県立小児医療センターで、バザーやお菓子の販売、そして闘病中の子どもたちに喜びや笑い、夢、希望、そして愛を届ける ホスピタル・クラウンも来る楽しいイベントがあります。

さいたまハウスもボランティアさんの手作り品や雑貨で参加しますので、是非、遊びに来てください。

日時:10月4日(木)10時~14時
場所:埼玉県立小児医療センター 2階歩行デッキ
(埼玉県さいたま市中央区新都心1番地2)
* JRさいたま新都心駅から約5分または、北与野駅から徒歩約6分

内容:バザー、ホスピタル・クラウン、ゲーム、絵本の読み聞かせ、おかしの販売、医療センター関連の団体の活動紹介パネル展示
主催:みんなで病院を育てる会 みんなでバザー実行委員会

詳しくはこちら

さいたまハウス

~手のぬくもりを感じて《人と人の輪》~せんだいオープンハウス

オープンハウス開催 @せんだいハウス

9月2日(日)、小雨が降る中、せんだいハウスでオープンハウスを開催しました。
せんだいハウス恒例の、スタッフとボランティア全員でスクラムを組んで「ガンバロー!」

年に一度開催するせんだいハウスのオープンハウスは、地域の方にハウスを知って頂くことと、地域の子どもたちの笑顔のために開催しています。
近所の保育園を中心にオープンハウスのチラシを配布したこともあり、たくさんのお子さんが来場してくれました。

「ドナルド」のショー☆は大人気!

まずはハウスの親善大使「ドナルド」のショー☆
本物?のドナルドに会えるのを楽しみにしていた利用者や来場者が、ドナルドの楽しい動きに大ハッスル!

エントランスでは楽しいチャリティーゲーム、第501軍団のシューティング、お菓子や文具のおたますくい、プルデンシャル生命様の協力で水ヨーヨーすくい、JAM様によるくじ引きコーナー。多目的室ではボランティアさんによるチャリティーバザーやマッサージなど楽しいことがいっぱい♡

ダイニングでは企業各社様からの協賛品によるチャリティ販売やお楽しみコーナー、わたあめのプレゼントが大人気!

ワークショップコーナーでは、くるみボタン、エコ消臭剤、エビカニのお面作りなどみんな真剣に作っていました。

ラストは、作ったお面をつけて”エビカニダンス”でみんなノリノリ!好評のためアンコール♪501軍団まで飛び入り参加してくれました。

外はあいにくの天気でしたが、ハウスの中は子どもたちの元気いっぱい快晴の笑顔で溢れました。

せんだいハウスのボランティアはもちろん、せんだいハウスを支援してくれる学生団体「チームせんだいハウス」や宮城女子大学の「ハートフルスイーツ」、こども病院のボランティアさんや企業ボランティアさんの協力もあり、マンパワー溢れる温かいオープンハウスになり、たくさんの方にハウスを知ってもらう良い機会になりました。

ご協力頂きました皆様、ありがとうございました。

せんだいハウス

ありがとう!とちぎハウス12周年感謝の会

とちぎハウスが12周年

とちぎハウスは、2006年に自治医大とちぎ子ども医療センターと一緒にオープンし今年の9月で12年になりました。
8月末までに4426家族が利用されました。

9月16日(日)には、ハウスで活動中のボランティア継続1年、5年、10年の方々の表彰式と団体、個人の支援者への感謝の会を開催しました。

ボランティアは、10年継続者が7名、5年が33名、1年が34名、そのうち当日参加された22名に自治医科大学とちぎこども医療センター山形センター長と、運営委員である㈱オカダの岡田オーナーより感謝状の授与がありました。

代表で、5年継続の小島さんより「地元で出来ることを細く長く続けていきたい」とお話がありました。また、初めて参加された大柴看護部長から、5年の方にシルバーのバッジが授与があり「皆さんの熱いパワーに驚きました」とご挨拶がありました。

そして、ハウスを周りから支えていただいている企業や、個人の方、地域の皆様にもセンター長から感謝状を渡していただきました。

目標は「利用家族の皆さんが過ごしやすいハウスを維持する事」

感謝状贈呈式の後は懇親会を行い、マイクをお一人づつに回しながらハウスへの思いを熱く語って頂きました。
皆さん、様々な理由でボランティア、ハウスへの支援を開始されましたが、目標は一つ!

「利用家族の皆さんが過ごしやすいハウスを維持する事」です。

大海副センター長からは「日々チーム医療を行っていますが、ボランティアの皆さん、支援される皆さんもチームのメンバーです」との嬉しいお話も頂戴しました。

これからも、更にハウスの活動を沢山の方に知ってもらえるように、とちぎハウスはがんばります。
本当に12年分の支援をありがとうございました。

とちぎハウス

元気いっぱいのサポーターから贈り物 ~南河内サッカースポーツ少年団~

長年にわたり、とちぎハウスを支援してくださっている南河内SSS(サッカースポーツ少年団)の皆さんが、9月2日(日)、大山監督を初めとする5、6年生の団員14名と父兄の皆さんとともに12周年のお祝いの贈呈式をハウス内で行いました。お祝いに精米機・布団乾燥機・掃除機を寄贈してくださいました。

今までも、キッチンのテレビやリビングのマッサージ機、団員の皆さんによる手作りのお米(ドリーム米)の寄贈、お正月用の餅つき、卒団旅行前の清掃活動など、毎年多方面でお世話になっています。

事前に、こちらの要望を聞いて品物を送ってくださる細やかなお心遣い、そして元気にハウスへ来てくれる団員の皆さんの成長を見ることができて、毎年楽しみな贈呈式です。

*この様子は、南河内サッカースポーツ少年団HPのブログにも掲載されています。
また、ドナルド・マクドナルド・ハウス とちぎ支援11年の足跡はこちらから確認いただけます。

早速、日々の活動に使わせて頂きますね。
試合後で皆さんお疲れのところありがとうございました!

とちぎハウス

可愛いサポーターさんの素晴らしい研究発表

残暑厳しい8月下旬に、小学校3年生の女の子から1通の手紙が届きました。
昨年、神戸ハウスに滞在し、とても親切にしてもらったことが嬉しくて、8月30日に神戸ハウスに行ってハウスのことを深く知りたいとの事でした。
事前に質問内容も・・・

しつ問内よう(原文のまま)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・どんな仕事がありますか
・多い時で1日に何人がとまるのですか
・仕事をしてやりがいを感じられた事は何ですか
・注意点や気を付けている事は何ですか
・神戸ハウスのイチおしポイント(すばらしい所)はありますか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当日、両親とともに来られた女の子に、神戸ハウスについて詳しくお伝えし、質疑応答にお答えしました。
その後、ボランティアさん達とハウスキーピングを上手に手伝ってくれました。

とても可愛いお客さんにボランティアさん達も大喜び。
素敵な時間を共有できて楽しかったです。

別れ際には、神戸ハウスの全員とハイタッチ。とても素敵な笑顔でした。
ご両親も喜んでくださり、これから神戸ハウスをサポートしていきたいとの事。ありがたいことです。

それから2週間くらいたった9月12日に1通の手紙が届きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
神戸ハウス様

朝の風が涼しくなりました。私は運動会の練習が始まりました。今年はよさこいのおどりをおどる事になり、毎日はり切って練習しています。
夏休みには、ハウスのお仕事をやさしく教えて下さったり、しつもんに、ていねいにくわしく答えて下さったりして、ありがとうございました。
テーブルふきや、タオルたたみなど、ボランティア体けんをさせていただいて、お仕事はたいへんだったけど、かん者さんや、家ぞくの人の役に立てていると思ったら、がんばれました。
マクドナルド・ハウスを研究して自分も、ハウスについてよく知れたし、みんなにも知ってもらう事ができたと思います。
まだまだ暑い日が続きますが、お体に気をつけておすごしください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とてもきれいな字で書いてくれた、大人顔負けの丁寧なあいさつの後、8月のお礼。
そして、当日学んだことをまとめた研究発表の詳細を写真付きで伝えてくれました。

写真つきの研究発表

彼女の小学校では神戸ハウスの認知度が一気にアップしたことでしょう。
可愛いサポーターの存在に神戸ハウス一同、笑顔になりました。

30日はハウスでボランティア活動して人を助けたことがすごく嬉しいと思うとお母さまが言ってらっしゃいました。

本当に心強いサポーターさんです。
ありがとうございました!

神戸ハウス

「奇跡の子どもたち」~チャリティー映画上映会ご報告~

8月25日(土)、宇都宮に於いて、昨年好評だった映画「奇跡の子どもたち」(寝たきりの希少難病AADC欠損症の患者とその家族を10年間追ったドキュメンタリー)の再上映会が行われました。

今回の上映は宇都宮ヒカリ座様のご厚意により1回限り、入場料金の全てをとちぎハウスへご寄付頂けるというチャリティー上映会でした。

「新聞記事を読んで映画を見に来た」、「以前からハウスのボランティア活動に興味があった」、「昨年の上映を見逃したので再上映は嬉しかった」、「ヒカリ座の映画は良いものが上映されるから来てみた」等、たくさんの方々にお越しいただきました。

当日は映画上映に先立ち、竹内ハウスマネージャーによるとちぎハウスの活動報告が行われ、ハウスを知って頂く良い機会となりました。後日談ですが、「上映会に行ってとても感激し、涙が止まらなかった。もっとこの映画を多くの方に見て欲しい」という声もハウスへ届きました!

入場者数は95名、前売券・当日券併せて101,400円の寄付を頂きました。

また、上映の前後の時間を利用してハウスの募金活動、手作り品ミニバザーなど行いましたので、その結果、募金26,640円、ミニバザー23,900円集まりました。

告知にご協力頂いた各メディアの皆さま、宇都宮ヒカリ座様、ハウス運営委員小竹様、当日ご協力頂いた宇都宮文星女子高等学校の生徒さん、ハウスのボランティアさんに心より感謝します。


ヒカリ座さんと運営委員小竹さん


宇都宮文星女子高等学校の生徒さん

とちぎハウス

「今月のありがとう!」(8月編)

8月も各ハウスへたくさんの心のこもったご支援、ご協力をいただきました!

おおさか・すいたハウス

■株式会社不二興産 様
猛暑の中、ハウスキーピングとともに新しいエキストラベッドの組み立てや、階段で2階の倉庫に運ぶ作業までしていただきました。利用家族の多い夏休みは、エキストラベッドは大活躍でした。

■おくとろ温泉 やまのやど 様
和歌山県より、シャンプー・トリートメント・ボディソープを60箱分、トラックでハウスに届けてくださいました。

■NPO法人 プロジェクトサンタ 様
ハイブリッド加湿器を16台寄贈いただきました。少ない台数を希望に応じて貸出していましたが、各部屋に設置することができるようになりました。

さいたまハウス

■マネックス証券(株) 様
缶詰、レトルト食品、発芽米、ウェットシートを寄贈して頂きました。

■岩間こどもクリニック 様
トイレットペーパーとゴミ袋を寄贈していただきました。

■ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)社会貢献委員会 様
たくさんのフェイスタオルとバスタオルを寄贈していただきました。

■公益財団法人日本公衆電話会 様
ポケットティシュ500個とフェイスタオルを寄贈していただきました。

■三井住友海上あいおい生命保険(株) 様
大鍋2個を寄贈していただき、ミールプログラムでは、ハッシュドビーフとポテトサラダを作っていただきました。

■(株)セブン マクドナルド ヤオコー狭山店 様
ミールプログラムでは、トマトピラフ、味噌汁、肉と野菜の煮物、チンジャオロースを作っていただきました。
また、タオル、洗濯洗剤などもご寄贈していただきました。

■埼玉県立小児医療センター 様
20,113円のご寄付をいただきました。

ふちゅうハウス

■花王プロフェッショナル・サービス株式会社 様
ハウスのあらゆるところの除菌に使用する、パワースキッシュをご寄付いただきました。

■明治薬科大学2年生の皆さん
ベッドルーム・共用部のスペースから、日頃手のつけられない所まできれいにしてくれました。

さっぽろハウス

■(株)フォーモーション 様
14名も来てくださり、雑草取りなどのお手伝いをしてくださいました。

■(株)スコレー 様
17名でお餅つきやBBQパーティーを開催してくださいました。

■(株)ハーベスト 様
地下歩行の空間チャリティー準備に18名が参加してくださいました。

■グラクソ・スミスクライン株式会社 様
屋内や外の清掃などをしてくださいました。

東大ハウス

■みらかホールディングス株式会社 様
大掃除をして下さいました。

■富国生命保険相互会社 様
たくさんの食料品、日用品を寄付して下さいました。

■株式会社セールスフォース・ドットコム 様
共有スペースの大掃除をして下さいました。

■学習院女子中・高等科 様
キッズスペース・図書コーナーの飾りつけ、また大掃除もして下さいました。

■グラクソ・スミスクライン株式会社 様
大掃除をして下さいました。

■東洋学園大学 ボランティア部 様
お部屋の掃除・お庭への水撒きをして下さいました。

■学生団体マイハウス 様
ハウス利用者に美味しそうなスイーツをたくさん作って下さいました。

この他にも、たくさんのご支援をいただき、ありがとうございました!
皆さまの温かいお気持ちが病気と闘う子ども達とそのご家族に届きますように。

ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ