1. Home
  2. BLOG

BLOG

小さくて「大きな」サンタクロースがハウスにやって来ました!

1か月ほど前、ハウスにかかってきた1本の電話からこのお話は始まりました。

「息子が「今年のサンタさんからのクリスマスプレゼントは、病院のおともだちにゆずる!」と言っています」。

男の子の名前は「文太くん」。文太くんは、サンタクロースにこんな手紙を書いていました・・・

「さんたさんへ

ことしはぼくのプレゼントをびょういんのこにゆずります。ことしはぼくのほしいものがないのでゆずります。24日のあさはやくに、ぼくのいえにとどけてください。15にんぶんです。おとこのことおんなのこのかずは、だいたいはんぶんです。ほしいものはレゴ、くろひげききいっぱつ、アイスクリームタワー、ドラえもんききいっぱつ、ぶっとびタワーゲームをください。

おねがい

ふくろにください。とどけたあとぼくがぶんしんとしてとどけます。マクドナルドせたがやハウスのこどもたちにあげます。」

 

文太くんのご両親からのメッセージ

「私共の息子は国立成育医療研究センターで生まれました。低体重で生まれた息子はしばらくの間NICUで過ごすことになり、親としては大変心配な日々を過ごしました。また退院後も定期的な通院でお世話なり、今でこそ元気に小学校へ通えるようになりましたが、これも国立成育医療研究センターの方々のおかげと、今でも感謝の念は尽きません。そんな話を息子ともするなかで息子は「病院でがんばっているおともだちにクリスマスプレゼントをゆずる!」と決めました。

それからHPやSNSを通じて病気の子どもとそのご家族のサポートをされている「ドナルド・マクドナルド・ハウス せたがや」の存在を知りました。私共は幸いにも自宅が国立成育医療研究センターから近かったので、通院することに関しては大きな負担をさほど感じませんでしたが、遠方から来られているご家庭にとっては、本当に大変なご苦労があるのだとはじめて気づかされました。そんなご家族にとって「せたがやハウス」がどんなに心強い存在なのかについても、利用された方々のお話からよく分かりました。私たちも何か力になりたい!と心を突き動かされました。

一緒に学んだ息子はというと、マクドナルドの店内に設置されている募金箱に興味を持ち、実際に見に行って募金をしたら、お店のスタッフさんに大きな声で「ありがとう!」と言ってもらえてとてもうれしかった!と申しておりました。息子に芽生えはじめた「誰かの力になりたい」という気持ちに、親として嬉しく思っております。」

「息子はクリスマスプレゼントで病院のおともだちに「笑ってほしい」という願いを持っています。理由は「笑ったらみんな元気になるじゃん」だそうです。そんな想いをクリスマスプレゼントにのせて、12月24日に息子はサンタの分身としてせたがやハウスへ「笑」を届けに行きます。直接ご披露できないと思いますが、「ホッホッホー」のサンタのモノマネの練習にも余念がありません(笑)。病院でがんばっているおともだち、そしてせたがやハウスでクリスマスを過ごされるご家族に、ひとときの「笑」がお届けできますよう!

メリークリスマス!」

12月24日、文太くんの願いどおりサンタクロースから、たくさんのクリスマスプレゼントが文太くんのもとに届きました。

そして、そのプレゼントを持った「サンタクロース文太」が「せたがやハウス」にやってきました!

その様子は動画(YouTube)で限定公開中です!ぜひご覧ください!

公開URL ⇒ https://youtu.be/G9bIi0C6uf8u

一人の小さな男の子がプレゼントと一緒に「大きな笑顔」を届けてくれました。

ご支援いただいた「北島ファミリー」の皆さま、ありがとうございました。

「サンタクロース文太」ありがとう!

総合格闘家 青木真也選手 せたがやハウスへようこそ!

11/17(日)秋晴れの下開催した「2019せたがやハウス オープンハウス」に、総合格闘家の青木真也選手が訪問してくださいました。

まずは、ボランティア体験コーナーにてベッドメイキングに挑戦!参加者にはスピードを競っていただきましたが青木選手は誰よりも早いタイムでフィニッシュ!さすがです。

次に支援者にお送りするお礼状作りにも、子ども達に交じり挑戦。素敵なお礼状を作っていただきました。

さらに支援企業によるチャリティーバザーの売り子にも挑戦していただき、募金の呼びかけを行っていただきました。

会場で出会った青木選手のファンの方との写真撮影にも気軽に応じていただき、温かなお人柄を垣間見ることができました。

今回の青木真也選手のせたがやハウス訪問に際しまして、ONE Championshipの関係者の皆様をはじめ、マックフライポテトの供給サプライヤーであるJ.R.Simplot社様にもご協力をいただきました。
皆様のご支援に感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

せたがやハウス

「2019 せたがやハウス チャリティラッフル」当選発表!

ドナルド・マクドナルド・ハウス せたがやを支える会主催による「2019 せたがやハウス チャリティラッフル」の抽選を行いました。
お蔭さまで、今年もたくさんの皆さまにご参加いただくことができました。
集まりました募金は、せたがやハウスの運営費として大切に使わせていただきます。
また、景品を提供してくださった多くの皆さまにも心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

※当選番号は、こちら↓ をご覧ください。
2019せたがやラッフル当選番号.pdf

景品の引き換えは12/24~1/31までとなります。

 

せたがやハウス

FC東京 三田啓貴選手 せたがやハウス訪問

11月5日(火)、FC東京の三田啓貴選手が、入院している子どもを支えるご家族の苦労を知るためにせたがやハウスを訪問されました。

ハウスに滞在中のお母さんが、お子さんの病気のことや将来への不安な思いなどをお話しされるのに熱心に耳を傾け、ご家族の気持ちに寄り添い励ましてくださいました。

普段、ご自宅ではベッドメイキングをされないとのことですが、ボランティアさんに教わりながらベッドメイキングを体験。またご家族に食べていただく蒸しパンケーキのデコレーションも慣れない手つきで、でも一生懸命行ってくれました。

今回のこの訪問の様子は、FC東京のホームページでも紹介されており、三田選手から「サッカーのプレーで勇気を与えることだけでなく、それ以外でもチカラになれればという想いが強くなりました。今回をきっかけに様々な活動にチャレンジしていきたいと思います」とコメントをいただきました。

▼FC東京 公式ホームページ
https://www.fctokyo.co.jp/news/10698

以前、せたがやハウスを訪問してくださったことのあるFC東京クラブコミュニケーターの石川直宏さんも、「素晴らしい施設」「お互いにとって意義ある活動」とツイートしてくださり、今もなおハウスのことを気にかけてくださっていることに、とてもありがたく思います。

▼石川直宏さん公式Twitter
https://twitter.com/sgss18/status/1192700208158662657

今回の三田選手の訪問は、ハウスに滞在中のご家族や、日頃ご家族を支えてくれているボランティアさんにとって、大きな励みになりました。
また、FC東京のホームページや石川直宏さんのTwitterを通して、ハウスを知っていただく機会にもなりました。ありがとうございました。

ぜひまたお越しください!!

 

 

 

せたがやハウス

瀬古利彦さん、せたがやハウスへようこそ♪

先日、横浜 DeNA ランニングクラブ総監督の 瀬古利彦さんが、大きなキャリーケースいっぱいに「レトルトカレー」を詰め込んで、せたがやハウスを訪問してくださいました。

1日に何度も病院とハウスを往復しているご家族にとって、直ぐに食べられるレトルトカレーは大好評です。

瀬古さんご自身も4人の息子さんのお父さん。ダイニングにいらしたお父さん達と、父親ならではのお話しに盛り上がり、利用者のお父さんから思わず本音がポロリ、という場面もありました。

関西からの患児さんには「おやじギャグ」はまだハードルが高かったようで、固まってしまう場面もありましたが、瀬古さんのお人柄がリラックスできる雰囲気をつくってくださいました。

現役時代の功績があり、ユーモアのあるマラソン解説をされる瀬古さんは、ハウスのボランティアからも大人気で、ぜひお会いしたいと多くの人が集まりました。お会いすると瀬古さんのオーラに圧倒されてしまったのか、皆さんおとなしくて、よそ行きのお顔になっていましたが(笑)

ハウスボランティア:「東京マラソンの応援に行きました!」

瀬古さん:「応援はボランティアではない!」「ぜひ、東京マラソンのボランティアをしてください!」

などの掛け合いもあり、気が付くと初めは緊張していたボランティアの皆さんも、いつの間にか笑顔になっていました。

またハウスを訪問していただける日を楽しみにしております!!

せたがやハウス

せたがやハウス ラッフル当選者発表!

せたがやハウス支援のために多くの方にラッフル募金にご協力いただきました。
景品を提供してくださった皆さま、そしてラッフル募金にご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございます。
おかげさまで50万円以上の募金を集めることができました。
全てせたがやハウスを利用される患者さんとその家族のために使わせていただきます。

当選者はこちら↓
2018当選結果 HP用

なお、当選番号のチケットをお持ちの方は、131日までに直接せたがやハウスまで取りにいらしてください。
まだハウスをご覧になったことがない方がいらっしゃいましたら、取りに来られた際に簡単なツアーをさせていただきます!

 

せたがやハウス ハウスマネージャー

「せたがやハウス チャリティラッフル 2017 抽選発表!」

せたがやハウス主催によるチャリティーラッフル(募金くじ)の当選者が決定しました。

厳選な抽選を行いました

厳選な抽選を行いました

大変多くの方々にご参加いただき、また多くの企業、団体、個人の皆さまより沢山の景品をご提供いただきました。本当にありがとうございました。
いただいた募金はハウス運営のために大切に使わせていただきます。

主な当選番号はこちらよりご確認ください。
ラッフル.当選番号pdf
景品の交換は2017/12/23(土)~2018/1/31(木)10:00~18:00となります。

景品をご提供いただいた多くの企業、個人の方々にこの場をお借りして御礼申し上げます。

当選された方々には景品の受け取りの際にハウスを見学していただき、ハウスへの理解をより深めていただければ私達も大変嬉しく思います。皆さまのご来訪をお待ちしております。

せたがやハウス

新たなサポート方法「ルームスポンサー」

ハウスを支援する新たなサポート方法が誕生しました。
それが「ルームスポンサー」!

200万円のご寄付でお好きなハウスのベッドルームを1年間ご支援いただくことができます。
ベッドルームの扉にはプレートを掲出し、さらに室内はお好きなようにディスプレイをしていただけます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして先日”The Legend Charity Pro-Am Tournament”様がせたがやハウス305号室のルームスポンサーとなりました。

”The Legend Charity Pro-Am Tournament”は、青木功さん、王貞治さん、日野皓正さんが大会実行委員となって2009年よりスタートし、「ゴルフを通じて社会貢献を」という主旨に賛同したスポンサー各社をはじめ、出場するプロゴルファーや著名人の皆様のご協力により開催されています。

過去8年間で病と闘う子ども達の支援や、熊本地震の復興支援、東日本大震災で家族を失った孤児や遺児を支援する団体並びに基金へ約3億3千万円の寄付をされており、今回はドナルド・マクドナルド・ハウスもご支援いただきました。

ベッドルームにはチャリティーゴルフに参加された著名人のサインも掲出していただきました。こんなに多くの方に支援されていることが分かると、宿泊されるご家族も励まされることでしょう。

IMG_20171120_112355

今もなお、病気と闘っている国内20万人の子どもとその家族の笑顔のために。
これからもあたたかいご支援のほどよろしくお願いいたします。

「MISIAさんが、せたがやハウスを訪問してくださいました。ソトコト10月号掲載」

MISIAさんが月間ソトコト10月号の「MISIAあふれ出る想い」の取材のために、せたがやハウスを訪問してくださいました。
以前より「ドナルド・マクドナルド・ハウス」のことを知っていたとのことですが、訪問されるのは初めて。
ベッドルームや家族のくつろぐ共有スペースなど非常に興味深く見ていらっしゃいました。

また今回はハウスの運営に少しでも協力したいとのことで、映画SINGで吹替を担当されたキャラクター「ミーナ(ゾウ)」のサイン入りヌイグルミご提供いただきました。
いただいたヌイグルミは、ハウスとしてオークションに出品させていただき、収益をハウスの運営費に充てさせていただきました。

訪問の様子は月間ソトコト10月号の「MISIAあふれ出る想い」にて、ご掲載されていますのでぜひご購読ください。

バックナンバーからでもソトコトをご購入いただくことができます。

ソトコト

「チューリップバスケット 太平洋を渡る」

旅をして来ました。
目的地はアメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス、現地では隣のセントポール市と併せて「ツインシティ」という呼び名で通っている都市です。
目指すハウス、ロナルド・マクドナルド・ハウスOak Streetはミシシッピ川の近く、ミネソタ大学の向いに4階建て48室のどっしりとした姿で建っていました!
このツインシティで2つのハウスと2つのファミリールームを統括しているRMHC Upper Midwest(事務局)のMike Orum氏がハウスを案内してくださいました♪
もう一つのハウスは15部屋。ファミリールームはそれぞれ4部屋。全部で71部屋です。
この4つの施設全体で個人ボランティアが450人超、グループは約800組、合計のボランティア時間は61,000時間を超え、年間約5,000人の患児家族を受け入れているそうです。規模がちがいますね!

「一番狭い部屋だよ」と見せてもらったのですが、十分な広さに思えました。

ベッドルーム

 冬にはマイナス20℃にもなるこの地域は室内でも充実した時間を過ごせるように洒落のきいたシアタールーム、運動場、フィットネスルーム、そして暖炉などもあります。この暖炉は例年9月から翌年の4月ごろまでは使うとの事。本当に寒いんでしょうね。雪も1メートル近くは積もるそうですし…。

施設いろいろ

他にも患児とその兄弟が学べるスクールも常設。もちろんプレイルームもあります♪

スクール・キッズルーム

ダイニングルームの入り口に大きなモニターが設置されていてその週の夕食などの予定がタッチパネルで確認できるようになっていました。ミールプログラムは毎夕ある充実ぶりです!

ダイニングモニター

 大勢で調理できるアイランドキッチンの他に小さく区切られてちょっとしたお料理も作れるミニキッチンなどもあってちょうどブラジルからハウスに滞在しているお母さんがお料理の最中でした!

キッチン&ダイニング

中庭ではご家族がみんなで過ごされていてゆったりとした時間が流れています♪

中庭&家族

私と共に9000km以上の旅をしたチューリップバスケットをMike氏にプレゼントしました!

Mikeさん

英語もままならない突撃一人旅でしたが、アメリカのハウスを訪問できたことはとっても有意義な経験となりました。

広瀬さん

ホテルに帰るタクシーの手配までMikeさんにお願いして・・・恐縮です。ありがとうございました!
そして日本の特徴のあるちりめん生地でチューリップを手作りしてくださったせたがやハウスのボランティアさんにも心から感謝しています♡大変喜んでいらっしゃいました!

下記RMHC Upper Midwestのアドレスです。興味のある方はご覧ください!
https://www.rmhtwincities.org/

せたがやハウス アシスタントマネージャー 広瀬

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ