1. Home
  2. BLOG

BLOG

2018年7月の記事一覧

かわいい暑中見舞いが届きました!

かわいい暑中見舞い♪

連日、暑さの記録が更新されているような大阪です。
そんな中、ハウスの郵便受けにかわいい暑中見舞いがたくさん入っていました😊

暑中見舞いのハガキには、

「あついなか、にゅいんしているこどももげんきですか?」
「ドナルドがみんなのことを『がんばれ!』とおうえんしてるんだなぁーとはじめて知りました。」

中には、

「ボランティアさんはあついけどだいじょうぶですか?」
と心配してくださっているはがきや、

「びょういんがひっこしたら、ドナルド・マクドナルド・ハウスもひっこすということがびっくりしました」
などとかわいい字で書いてありました😊

興味津々の子ども達!

このハガキは、6月26日(火)にハウスに「まちなか探検」に来てくれた、吹田市にある藤白台小学校2年生の生徒さんたちからです。

実は、この訪問はその前の週に予定されていましたが、地震の直後で延期されていました。
ハウスの建物は、地震の被害は受けませんでしたがご近所でも地震の影響はありましたので「まちなか探検はどうなるかな~」と思っていましたが、1週間遅れで皆さん元気にハウスを訪問してくれました!


藤白台小学校2年生の生徒さんたち

マネージャーからハウスの説明を聞いて、みんな興味津々👀

「え~、どうして東京にもマクドナルド・ハウスはあるのに、東京の人がこのハウスに来るの~?」
「ボランティアさんが150人もいるの~?ほんと~?」
などなど。かわいい質問が飛び交いました。


みんな興味津々!

元気がもらえた時間

地震の影響で、ボランティアさんの中にはまだ自宅のお風呂が使えなかったり、壊れた食器の後始末を少しづつ進めたりしている人も、というこの時期、ハウスに28人のかわいい声があふれ、元気がもらえるようで嬉しい時間を過ごせました。

一生懸命書いてくれた生徒さんからのハガキを読むと何だか元気が湧いてきます…。
ひととき、暑さも忘れますね!

ボランティアルームに置いて、みなさんにも読んでいただきます。本当にありがとうございました。

2年生のみなさん、夏休みを楽しんでくださいね!

おおさかハウス

病気と闘う家族であり、ハウスボランティアであるということ②

ふちゅうハウスのボランティアとして活動を始めて1年あまりの馬場玲子さん、実は4年前に息子さんの疾患がみつかり、闘病生活を送っています。その時に東大ハウスを利用し「応援してもらった」経験から、自宅から通える場所にあるふちゅうハウスのボランティアに応募されました。

「病気と闘う家族であり、ハウスボランティアであるということ」という内容でお話しをうかがっているシリーズの2回目となる今回は、『振り返ってみて、何が家族にとって応援だったのか、そして実際にボランティア活動をしてみて』というお話しをうかがいました。

★1回目のお話しはこちら⇒病気と闘う家族であり、ハウスボランティアであるということ①

恩返しの気持ちで


馬場玲子さん

もともとボランティアにすごく関心があるということではなかったんです。正確に言うと、以前に福祉に関わりのある仕事をしていたので、全くボランティアに興味が無かったわけではなかった、と言うべきでしょうか。
実際に職場でボランティアの人に来てもらったりしていましたからね。でも自分が(ボランティアを)やろうとまでは思っていませんでした。

私がボランティアに応募したのは、やはり恩返しがしたいという気持ちからです。突然突き付けられた息子の病気から闘病生活を余儀なくされましたが、ハウスがあったことで本当に助かったので、その恩返しがしたいと。
ふちゅうハウスのことは、東大ハウスで寄付をしたときにいただいたニュースレターを読んで府中市にもハウスがあることを知っていました。そしてある時自宅のポストに入っていたタウン誌にボランティア募集の記事があったので、とりあえず「説明会に行ってみよう!」と思ったのがきっかけです。

絶対に忘れてはいけないあの時の気持ち

説明会の当日、ハウスに入った途端よみがえったんです。自分が利用家族であった時のことが。そして色々と助けてもらった時の気持ちも。
「あ~、この気持ちは絶対に忘れてはいけないな」とあらためて強く思いました。闘病生活を思い出して辛くはないかと聞かれますが、全然、辛くはないです。やはり皆さんに応援してもらったことで乗り越えられましたし、それが無ければ乗り越えられなかった程、切羽詰まった心境だったと思います。


ふちゅうハウス エントランス

お子さんと共に病気と闘っているお母さん、皆さんが思われると思うんですが、やはり自分の子どもに大きな病気がわかると、「どうして元気に産んであげられなかったんだろう」という思いがずーっとまとわりついて離れないのです。そのうち「私はなんでここにいるのだろう」って、とんでもないことまで考えてしまったりして…どうしても自分を責めてしまいます。
でもそんなことを考えながらもハウスに戻ると温かな空間が待っていて、いつも応援してくれる方たちがいる、だから頑張ろうと。その繰り返しでした。

あの時思いつめずに済んだのはハウスがあったからだと今でも思います。

何が私を「応援」してくれたのか

今思うと、何が「応援」だったのでしょう。

まずハウスそのものが清潔で家のようにくつろげる空間であり、部屋に入れば一人にもなれるといった居心地の良いところだったことが挙げられます。あとはやはりナイトボランティアさんの存在。夜遅くにハウスに帰ってもさみしくない(笑)。

それから、知らない土地での入院生活は色々と不便でしたが、買い物に行くときなどはスタッフの方が地図をもとに教えてくれましたしキッチンでは温かいものを食べたり飲んだりできる。
そうそう、入院中息子が食事をとれなくなってしまった時に「好きなものを作って持ってきていいですよ」と医師から言われた時も、ハウスにキッチンがあったおかげで食事を作って温かいうちに届けることができました。

そんな「一人ではないんだ」「支えられているんだ」と感じる小さな事一つ一つが、私のような病気と闘う子どもの家族にとっては「応援」だったのだと思います。退院してしばらく経ってからでも募集記事を見た時にその時のことが走馬灯のようによみがえり、迷わず応募したのです。

ボランティアになって思うこと

恩返しの気持ちでボランティアに応募しましたが、実は自分の為にもなっています。
息子の闘病の為に仕事を辞めて、それで元気になってくれたのは良い事ですが、さて自分はこれからどうしようと考えてもいました。再就職するにはまだまだ(息子のことで)心配事もあるし、という背景もありました。そんな時に始めたボランティア活動でしたので、まずは社会と触れ合っているという感覚を得られました。

ハウスでは年齢や住まいなど、実にいろいろな方と接することが多く興味深いですし、一緒に活動する方から色んなことを教えてもらい、「こんな道具をこんな風に使えば楽に汚れが落ちる!」なんて、参考にもなり楽しく過ごしています。

時々、お掃除などが大変な日もありますが、私はハウスを利用した経験から施設がいつもきれいであることで気持ちよく過ごせることを知っているので、それがモチベーションになっています。

こういったボランティア一人一人の活動が家族の支えになって、辛いことが少しでも和らぐことを私は経験しているので、ハウスでの活動が面倒だとは思いません。

ありがとうって言われるってすごい!

それから、活動を終えて帰るときなど、スタッフの方に「ありがとうございます」って言われるんです。それがすごく嬉しくて。「ありがとうって言われるってすごい!」って(笑)。
なんでもないような事ですが、嬉しいものですよ。今では自分もスーパーなどに買い物に行った時は自然と「ありがとう」と言えるようになりました。

一歩を踏み出す大事さ

活動を通じて何かをやろうと思った時の、その”一歩”を踏み出す大事さというのをあらためて感じました。私は息子のことで縁があってハウスを知り、恩返しのつもりで始めたボランティアでしたが、実は自分にとってもプラスになりました。外に出て色んな人と関わるって大事だなと。
私は踏み出して良かったと思います。気持ちがあっても行動に移すのはなかなか難しい事なんですけどね。

本当はもっとボランティア活動を広めたいのですが、私たちの年代は、正直子育てにもお金がかかるし仕事を持っている方も多いのでなかなか声は掛けづらいというのもあるでしょう?でも「誰かの応援をしたい」と思っている方には是非ボランティアを勧めたいです。

余談になりますが、ランドセルをアフガニスタンに送る支援があるよという話もハウスで一緒になったボランティアさんから聞いたんです。息子は5~6年生の時ほとんど学校へ行かれずききれいな状態だったので、荷造りして送ってみました。そんなことも含めて、世界がすこしずつ広がっていく感じがしています。

お話しを聞いて・・

辛い経験もある中で、いろいろと想いを語っていただきありがとうございました。
今後はハウスイベントなどにも関わってみたいとのこと。病気と闘うご家族の応援をし、それが自分の世界を広げていくことにもなっているというお気持ちが素晴らしいと思いました。

誰かのために、が自分のために。そんな支援の輪が広がっていくと良いですね。

ふちゅうハウス

10周年特別企画「みんなの寄付で幸せの泉を作ろう!」続編

2018年4月3日のブログでご案内した「感謝の泉」のその後ですが…
なんと、たくさんのみなさんのご協力で、数えきれないほどのお魚さんたちが集まりました。
みなさま、本当にありがとうございました!

「感謝の泉」が少々酸欠状態なので、新しい泉を作ることにしました。ただいま工事中ですが、ボランティアさん達が協力し制作に励んでいます。

患者・患者家族を支えてきくために、ハウスはまだまだたくさんのみなさんのサポートを必要としています。2019年3月31日までこの企画は継続しています。

ぜひぜひみなさんのご協力を、お願いいたします。

さっぽろハウス

RMHC Gerry Newman McTLC Award of Excellence のご報告

アジア(日本)初の受賞!

RMHC Gerry Newman McTLC Award of Excellenceというアワードがあります。
このアワードは、アメリカ・シカゴにあるドナルド・マクドナルド・ハウス財団の本部の初代プレジデントも務めたジェリー・ニューマンさんの名前を冠して1988年に設立され、以来毎年、ドナルド・マクドナルド・ハウスの活動に献身的に支援され、チャリティー活動の拡大に貢献した方、団体、マクドナルドのフランチャイズオーナーを対象として表彰されるアワードです。

ドナルド・マクドナルド・ハウスへのチャリティー活動は全世界で展開していますが、この栄えあるアワードの栄誉にアジア(日本)から初めて、株式会社ドリームの竹内久雄オーナー・オペレーターが受賞されたとの連絡が届きました。

竹内オーナーは、日本第1号の「ドナルド・マクドナルド・ハウス せたがや」が2001年にOPENして以来、日本初のサポートオーナーとして、すでに17年継続して支援をしてくださっています。
まだ日本に1ハウスしかなかった当時、ハウスの認知率は決して高くありませんでしたが、ハウスの活動認知向上の活動や寄付募金活動を積極的に行っていただき、それ以来今日に至るまで継続してハウス支援を通して、病気と闘う子どもとそのご家族をサポートしていただいています。

今回の竹内オーナーの受賞は、今では12ハウスまで支援の輪が広がった日本のDMHC活動全体に対して、Global RMHCがその努力を認め、それを代表した受賞だと考えています。
アジア(日本)で初めての受賞として、日本から、そして、日本第1号のせたがやハウスをサポートして下さる竹内オーナーが選ばれたこと、ほんとうに嬉しく思います。
17年間もの間、ご寄付はもちろんのこと、病院でのドナルドアピアランス開催や、地域や店頭での募金活動、また、毎月のハウスでのグリーンボランティアやミールプログラムの実施など、ハウスのためにコツコツと地道な活動されたことも是非知っていただければと思います。

我々は、今後も病気のお子さんとそのご家族の支援に邁進してまいりますので、今後も皆さまの変わらぬご支援を賜れますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

事務所閉館時間の変更と、チェックイン時間変更のご案内

事務所閉館時間、チェックイン時間変更のご案内

2018年8月1日より、さっぽろハウスの事務所閉館時間が通年を通して18時閉館となります。
よって、チェックイン可能時間も変更となります。

さっぽろ受付

【変更前】
■チェックイン時間 14時~19時(平日)
■チェックイン時間 14時~18時(土日祝日)

【変更後(8月1日より)】
■通年を通し 13時~18時

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

さっぽろハウス

「おつかれさま! 夏の国循バザー」

7月11日(火)、晴れ渡る青空の中、国循バザーを開催しました。
2018年の大阪の夏は地震があったり、大雨だったり・・・大変な日々の中で、ボランティアさんたちはコツコツとバザーの準備を進めてくださいました。

来年7月に国立循環器病研究センターは移転します。
「夏のバザーはこれが最後やね・・・」としんみりする思いもありますが、10時の開始に合わせて皆さんテキパキと会場設営!
いつもながら、抜群のチームワークです!

いよいよスタート! とその前に集合写真📷をパチリ!

バザー 集合写真

お針子倶楽部、木工クラフト班、パッチワーク班、それぞれの手作り品の力作やタオルや食器、雑貨など寄付品もたくさん集まりました。

バザー 木工クラフト

バザーお針子

地震の影響なのか、例年より来場者は少なかったようですが「あれがいいかな?」「これにしようかな?」の声が聞こえたり、「手作りのガーゼマスクを楽しみに買いに来ました~」とハウスの利用者さんが来てくださったりで、ボランティアさんたちにも笑顔が広がります。😊

バザー買い物風景

当日は、29人のボランティアさんのパワーで、バザー品の売上104,524円をハウスに寄付していただきました。募金箱には、2,262円ご協力いただきました。

おおさか・すいたハウスの夏の風物詩、七夕とバザーが終わりました。来年の今頃は、オープンしたばかりの新ハウスでバタバタしているでしょうか?

ボランティアの皆さま、ご協力ありがとうございました!!

おおさか・すいたハウス

病気と闘う家族であり、ハウスボランティアであるということ①

ちょうど1年前にふちゅうハウスのボランティアに登録し、現在月に3~4回のペースで活動している馬場玲子さんにお話を伺いました。
馬場さんは以前、息子さんの疾患がわかり、転院先の東京大学医学部附属病院に隣接する東大ハウスを利用しました。今回は利用家族としての想い、そしてボランティアとして活動を始めるまでを語っていただきました。

ある日検診で

うちの子は・・・急だったんです。これまで全く問題なく元気で過ごしてきたのですが、学校の検診で病気がみつかり近くの病院で入院することになりました。
しかしなかなか良くならず、このままだと大変なことになると東京大学医学部附属病院への転院が急遽決まりました。
当時は仕事をしていたので家にも帰れず、病院と職場の往復で・・・まさか東大病院まで行くことになるとは思ってもみませんでした。転院となったことで仕事を続けることは諦めました。

入院が始まってからしばらくは一般病室での付き添いだったのですが、容態が悪くなりICUに入ることに。付き添いは無理となり、そこで初めて医師からハウスのことを教えてもらったのです。
「こういう施設があるのでお子さんのそばにいてください。」と。

ハウスとの出会い

ハウスのことを全く知らないまま、とりあえずパンフレットだけもらい電話をしました。こちらの状況をお話したら親切に対応していただいて、宿泊が決まりました。

ハウスを利用したのは2週間くらいです。手術の前日は一般病室で子どもと一緒に泊まって良いと許可してもらったので、一日外泊をし、術後またICUのためハウスに泊まり・・・といった感じです。

心臓の疾患だというのと、突然始まった闘病生活ということもあって、そこでずいぶんと命というものと向き合うことになりました。
手術の説明の時にも、心臓を一旦止めてなんて言われ、ものすごい緊張感がありました。

10歳ともなると一人で病室に泊まっている子もいたのですが、息子はこれまで病気一つなく家族と離れたこともなかったので、突然大きな不安が襲ってきた様子でした。

ふちゅうブログ①

それを医師が配慮をしてくださって、ICUに入っている間も近くにお母さんがいられるようにとハウスを紹介してくださったのだと思います。
先生方にとっても親が近くに待機していた方が良いという事なのでしょうね。術後「お子さんが暴れているのですぐに戻ってきてください!」とハウスに連絡がきたこともありました。本当に遠慮なく(電話が)かかってきました(笑)。

最大限に子どものそばに寄り添えましたし何より歩いて病院と行き来ができるのは良かったです。2ケ月半の入院期間を経て退院し、半年後にもう一度手術があったので1か月ほど入院しました。
期間中ICUに2週間くらい入りましたのでその時またハウスを利用しました。

ふちゅうブログ③

ナイトボランティアが心の支え

実は・・・ハウスを利用したといっても、朝早くから病院にいて遅い時間に子どもが寝付いてからハウスに帰ったので、滞在は事務室も閉まっている夜がほとんどでしたので、ハウスを見回ってくれるナイトボランティアさんに会えることが楽しみでした。

夜遅くに帰って来てダイニングでご飯を食べていると、見回り中のナイトボランティアさんが話しかけてくれることがよくありました。ごくごく普通の会話ですけど、この「普通の会話」というのが入院生活ではなかなかする時が無いんです。もちろんベッドの上の息子とは話しますけど、ドクターや看護師さんとは病気のことばかりですしね。
ナイトボランティアさんから、「ここ(ハウス)にはこんな特技をもったスーパー主婦がいるんだよ。」とか、ご自身の出身地の話などを聞く時間が、私にとって病院から離れて普段の自分に戻れる貴重な時間でした。

ハウスは家庭的な雰囲気でホッと落ち着ける場所、そして部屋に入れば一人にもなれるというところが良かったです。それからキッチンがあったので温かいご飯を食べられたのも嬉しかった。病室で食べるご飯は味がしないのですが、ハウスに戻ってきてから食べるご飯は美味しかったんです(笑)。

また「おかえりなさい」と優しく声をかけていただいて、今思うと全てが安らぎでした。その安らぎが、私にとって闘病生活を乗り切る一番の「応援」でした。
当時は必死で、振り返る暇もありませんでしたが、後からじわじわと1人ではなかったんだな、という想いが込み上げてきました。

あれから4年、息子は現在中学3年生ですが、服薬もあるので月に1度は外来受診がありますし、年に1回は検査入院もあります。しかしあの時乗り越えられたのは皆さんに応援してもらったおかげだと今でも思っています。
息子からも、呼んだら直ぐに来てくれて嬉しかったと言ってもらえました。

ふちゅうブログ②

突然やってきた闘病生活ですが、ハウスでお世話になり応援してもらったおかげで治療に専念できました。
「応援してもらったから今度はその恩返しをしたい」そんな思いがボランティアに応募するきっかけとなったのです。

次回は、いよいよ馬場さんがふちゅうハウスでのボランティアに応募し、活動に入るお話をお届けします。

ふちゅうハウス

元気いっぱい!小さなサポーターさんありがとう ~願いをこめて七夕飾り~

自治医大構内にある「わかくさ保育園」の子どもたちと先生が七夕飾りに来てくれました。
このイベントは毎年恒例になっていて、年長さんは自分で書いた願い事の短冊を準備、年少さんは折り紙で作った飾りを沢山持って、

“病気の子どもやご家族が早く元気になりますように”

と願いを込めて七夕の飾り付けを行ってくれました。

飾り付け

飾り

一階玄関とリビングにそれぞれ笹を準備して、みんな汗かきながら飾り付け。

玄関

「上の方に飾りたい~!」と園児さんのリクエストがあり、マネージャーがお子さんを抱き上げてお手伝いもしました。

最後にリビングで笹を囲みながら、♪たなばたさま♪を全員で大合唱しました。

合唱①

蒸し暑い日でしたが、さわやかな風がハウスに吹いたようでした。

とちぎハウス

「今月のありがとう!」(6月編)

6月も各ハウスへたくさんの心のこもったご支援、ご協力をいただきました!

さいたまハウス

■ ヤンセンファーマ㈱ 様
普段なかなかできない場所を清掃して下さいました。

0

■ グラクソ・スミスクライン㈱ 様
素敵なお食事提供のミールプログラムと大掃除をしていただきました。

グラクソ

■ 岩間こどもクリニック 様
トイレットペーパーとゴミ袋をご寄贈していただきました。

■ 国際商事 様
たくさんの洋服や日用品をいただきました。

■マネックス証券㈱ 様
お米を寄贈していただきました。

■ ㈱タカラトミー 様
たくさんのおもちゃを寄贈していただきました。

Jpeg

■UCC上島珈琲㈱ 様
故障したコーヒーブルーワーを修理していただきました。

■アドバンス・ウィング㈱ 様
プロケア用計量カップを寄贈していただきました。

■埼玉県立小児医療センター 様
9,051円のご寄付いただきました。

■ ㈱マミーマート ビバモールさいたま新都心店 様
556円のご寄付いただきました。

■㈱光洋ショップープラス 様
3,060円のご寄付いただきました。

■ ㈱セブン様
1,786円のご寄付いただきました。

おおさか・すいたハウス

■ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会様
暑い中、12名の方が庭の草抜きや地震の影響で空室になった部屋の掃除やカーテンの洗濯などしてくださいました。今しかできないことをしてくださり、とても助かりました。

20180625_ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会様2

20180625_ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会様1

■ジブラルタ生命保険株式会社北大阪支社様
昨年に引き続き、社内のみなさんで集めた布をハウスに寄付してくださいました。

ふちゅうハウス

■グラクソ・スミスクライン株式会社 多摩エリア様
ハウス内清掃とミールプログラムを実施していただきました。

7

■グラクソ・スミスクライン株式会社 埼玉西エリア様
ミールプログラムを実施していただきました。

GSK埼玉西エリア

■ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
ハウス内清掃をしていただきました。

J&J①

■明治安田生命保険相互会社 内部監査部様
ハウス内清掃と物品寄付をしていただきました

■アドバンス・ウイング株式会社
除菌剤の寄付をしていただきました。

■花王株式会社様
漂白剤の寄付をしていただきました。

■マネックス証券株式会社様
飲料水の寄付をしていただきました。

ふちゅうハウス

■グラクソ・スミスクライン株式会社様
ミールプログラムと清掃活動を行っていただきました。レストランのお子様ランチのように可愛く盛り付けていただきました!

8

6.8GSKミール

■株式会社 遊様
チャリティーボーリング大会が行われました。50人の参加があり15万円の寄付が集まりました。

6.5ボーリング

■日立投資顧問株式会社様
清掃活動を行っていただきました。

6.16日立投資顧問

■慶応義塾大学アメリカンフットボール部ユニコーンズ様
清掃活動を行っていただきました。

6.17慶應ユニコーンズ②

■株式会社インフィ二トラベルインフォメーション様
清掃活動を行っていただきました。

6.27セーバー・インフィニ

この他にも、たくさんのご支援をいただき、ありがとうございました!
皆さまの温かいお気持ちが病気と闘う子ども達とそのご家族に届きますように。

ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

中学生の職場体験 ~輝く未来のボランティアさん~

栃木県内の中学校では、3年生が修学旅行に行っている期間中に2年生が近隣の会社、施設、コンビニなどで「職場体験」を行います。大人が実際に働いている事を体験する事で、将来に役立てよう、自分自身が成長する良い機会としてとらえよう、という教育現場の取組みです。

6月は近隣の三校から学生さんが来てくれました。

大人のボランティアさんと通常の活動を行い、利用家族のためにお料理をしたり最終日には反省会を兼ねてボランティアさんの経験談など聞いたりと、充実の数日間を送ったようです。

生徒さん達の感想は・・・

■下野市立石橋中学校(6/11~13)
「ハウスがどういう場所なのか、どうしてできたのか、病院との関わりを知ることが出来た。ハウスは沢山の人の理解と協力で成り立っていることを実感した」

石橋中とちぎ


■小山市立城南中学校(6/21~22)

「生活の知恵や利用される家族への心遣いを間近で学ぶことが出来た。失敗体験をプラスに変える事が出来る、ここは本当に素敵な第二のわが家だと思った」

城南中とちぎ


■下野市立国分寺中学校(6/27~29)

「三日間を通してハウスについて良く知る事ができ、普段体験する事が出来ない経験をした。笑顔あふれるハウスはとても素敵な施設だと思った」

国分寺とちぎ

中学生の頑張りは、大人のボランティアさんにも元気を分けてもらえる良い刺激になります。今回も若いパワーを沢山分けてもらいました!

中学生の職場体験に際し、ツアーボランティアの皆さんにご活躍頂きました。
ご協力ありがとうございました。

とちぎハウス

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ