BLOG

新しいボランティアさんが続々と活躍し始めています!

4月は新たな生活のスタート。
とちぎハウスでは、病院のボランティア団体と一緒に新しくボランティアを始める方を対象に4/22(日)に説明会を開きました。

説明会①

今年は、午前中26名、午後12名が参加されました。
皆さん熱心に説明に耳をかたむけ、その後実際に自治医大附属病院、子ども医療センター及びハウス内の見学をしていただきました。
毎年のことながら、参加者の皆様のやる気と熱気があふれる説明会となりました。

とちぎハウスでは、15名が体験活動に進まれ、現在順調にボランティア活動をスタートしてくださっています。

事務Vo体験中

新しい仲間が増え、皆さんと共に喜んで活動していきたいと思います。
これからどうぞよろしくお願いします。

とちぎハウス

『JAMMIN(ジャミン)』によるTシャツプロジェクトのご報告

さいたまハウスのベッドルームに設置する加湿器購入のため、2月12日(月)から2月18日(日)の期間、京都発のチャリティー専門ファッションブランド『JAMMIN(ジャミン)』によるTシャツプロジェクト(Tシャツ購入ごとに700円/枚のチャリティーで1週間10万円を目指す)にチャレンジしました。

さいたまハウスは、埼玉県立小児医療センターの病院内に開設された感染症に気を使う病院内のため、特にハウス内清潔に注意して運営しているハウスです。特に冬季は暖房するとかなり乾燥しますので、感染症の予防には必需品でした。
今回のJAMMIN様のチャリティーで集まりました募金は予定額を超え107,420円。おかげさまで、さいたまハウスのベッドルームに空気清浄加湿器を各部屋1台ずつ設置することができました。

ジャミン

ご支援いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

病気の子どもと、その家族を支えるために──。
“Home-away-from-home”、「わが家のようにくつろげる第二の家」をコンセプトに、自宅から遠く離れた病院に入院している子どもとその家族がゆったりと過ごせる「温かい空間」を目指し、病院関係者や欠かすことのできないボランティアさんとともに連携をとりながら、闘病中の子どもとその家族をサポートしていきます。

ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

↑Top

寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。