BLOG

笑顔の授業 ~ご家族の体験談を高校生へ~

財団の動画「募金してくれてありがとう」に出演してくださったご家族が、外来受診のためにハウスに宿泊されました。
ベランダでくつろぎながら動画出演の反響をお聞きしたところ、「自分の言葉で話すことで多くの人にハウスを知ってもらいたい」との嬉しいお言葉をいただきました。

ちょうど部活動の一環としてハウスで活動してくれている栃木県立上三川高等学校社会福祉部、小山西高等学校JRC部の新入部員さんのボランティア説明会(総勢28名)があり、良い機会なので「ご家族の体験談」を生徒さん方に話していただきました。

体験談②

パパもママも教員をされているそうなので、リビング内が一変、教室内で授業の様になりました。

体験談①

お子さんの病気のこと、ハウスがあって良かったこと、元気になってきた今はハウスをたくさんの方に知ってもらい、サポートのお願いをすることが最大の恩返しだと思っている、と熱い思いを語ってくれました。

姉弟笑顔

ご家族の気持ちに寄り添い、安心して看病に専念できる環境作りが大切なのだと、参加者は元よりスタッフも改めて強く思いました。

笑顔①

ハウス利用者のご家族の声、動画はこちら
→「息子を産んでから、初めてほっとした瞬間でした

とちぎハウス

↑Top

寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。