1. Home
  2. BLOG

BLOG

2018年10月の記事一覧

昨年に引き続き、全国のマクドナルドで「マックハッピーデー」を実施

全国のマクドナルドで10月28日(日)に実施される「マックハッピーデー」。
ハッピーセット1つお買い上げにつき50円を「ドナルド・マクドナルド・ハウス」へ寄付してくださる、支援を目的としたマクドナルド社のチャリティ活動は今年で2回目になります。

☆マックハッピーデーに関する詳細はこちら

いつものハッピーセットをお楽しみいただくことで、病気と闘う子供たちとご家族の支援につながり、昨年は初めての取り組みにもかかわらず4000万円を超える寄付をしていただきました。
本当にありがとうございました。

マクドナルド社が、社会貢献において一番大事にしていること、それは「未来を担うすべての子供たちが笑顔になること」

マクドナルド社によるサポートは金銭的な支援だけでなく、ボランティア活動からプロモーションによる支援活動、世界中のマクドナルド店頭への募金箱の設置など多岐にわたります。その支援により、私たちは数百万人もの子どもとその家族に対してサービスを提供することができ、さらに活動を拡大することができ、日本でも1999年の財団設立当初より同様のご支援をいただいております。

今もなお、病気と闘っている子どもとその家族の笑顔のために。
皆さまのご協力、そしてあたたかいご支援よろしくお願いいたします。

ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

東大ハウス チャリティラッフル2018 当選発表!

当選者決定!

8月より開催中の、東大ハウスワーキンググループ主催によるチャリティーラッフル(募金くじ)の当選者が本日決定しました。
大変多くの方々にご参加いただき、今年はなんと14377口、144万円を超える募金が集まりました!
また多くの企業、団体、個人の皆さまより沢山の景品をご提供いただきました。本当にありがとうございました。
いただいた募金はハウス運営のために大切に使用させていただきます。

今年も例年同様に、厳選な抽選を行う為にパソコンを使用し、エクセルのランダム関数を使って行いました。

主な当選番号は以下の通りです。おめでとうございます!
当選された方は10月31日(水)までに東大ハウスに取りにお越しください。

≪当選番号≫

◆コンラッド東京 アフタヌーンティーペア招待券
当選番号:10291

◆東京ディズニーリゾート ペアチケット
当選番号:13099

◆松坂牛カタログギフト
当選番号:13855

◆飛騨牛カタログギフト
当選番号:12168

◆ロボット掃除機 パナソニック ルーロ
当選番号:7975

◆UCC ドリップポッド抽出機
当選番号:12673

◆クオカード 10,000円
当選番号:919、1354

それ以外の当選番号は下記よりダウンロードしてください。
東大ハウスラッフル2018当選番号一覧

景品をご提供いただいた多くの企業、個人の方々にこの場をお借りして御礼申し上げます。

当選された方々には景品の受け取りの際にハウスを見学していただき、ハウスへの理解をより深めていただければ私達も大変嬉しく思います。
皆さまのご来訪をお待ちしております。

東大ハウス ハウスマネージャー 弘中

アッヴィ(AbbVie)社がロナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ(RMHC)に1億ドルを寄付

2018年8月20日、RMHC関係者が集まる国際会議にて、アッヴィ(AbbVie)社が1億ドルの寄付先としてグローバルチャリティーとして活動する私どもを選んだことを発表しました。

【アッヴィ(AbbVie)社とは】

アッヴィ(AbbVie)社は、世界で最も複雑かつ深刻な疾患に対する革新的な先進治療薬の開発に努めるグローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業です。より多くの病気や重症の子どもたちの家族をサポートするため、米国において未対応のニーズのギャップを縮小する手助けをしたいと考えていました。今回の寄付は、 難病の子どもたちと彼らのケアに当たる人々をサポートする非営利団体に対し提供される、より大規模な寄付の一環として行われたものです。

【RMHCが選ばれた理由】

アッヴィ(AbbVie)社は、RMHCのシステム全体を利し、教育機会の拡大とシステムインフラへの投資を通じてRMHCのネットワークを強化するプロジェクト、「全ての子供たちが治療を受けることができる世界、患者の家族がサポートを受け、治療の過程で全てのステップに積極的に関わることのできる世界」というビジョンに共感し寄付先として支援することになりました。

※RMHCとはアメリカ・シカゴにある財団本部

今回の支援は、アッヴィ(AbbVie)社がこれまでに行った単独の寄付、並びにRMHCがこれまでに受け取った寄付の中でも最大のものです。この寄付により、RMHCは、全米の小児科の患者とその家族に対し、病院での治療中の宿泊及び家族中心のサービスを提供することが可能になります。
今回の寄付は、米国内の32カ所のハウスで合計600室増室するための建設費に充てられます。これにより年間でさらに23万泊を患者家族に提供することができます。ハウスの部屋が増えることによって、病気の子どもとその家族が負担するであろう宿泊費や食事代、年間3,500万ドル以上が軽減されることになります。

この発表の翌日に、RMHCは“THE WALL STREET JOURNAL”に下記に広告を掲載し、アッヴィ(AbbVie)社に対して感謝の気持ちを伝えました。

アッヴィ(AbbVie)社の協力により多くのご家族が一緒にいられるようになります。

ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ