BLOG

「奇跡の子どもたち」~チャリティー映画上映会ご報告~

2018年09月14日 (金)

とちぎハウス

8月25日(土)、宇都宮に於いて、昨年好評だった映画「奇跡の子どもたち」(寝たきりの希少難病AADC欠損症の患者とその家族を10年間追ったドキュメンタリー)の再上映会が行われました。

今回の上映は宇都宮ヒカリ座様のご厚意により1回限り、入場料金の全てをとちぎハウスへご寄付頂けるというチャリティー上映会でした。

「新聞記事を読んで映画を見に来た」、「以前からハウスのボランティア活動に興味があった」、「昨年の上映を見逃したので再上映は嬉しかった」、「ヒカリ座の映画は良いものが上映されるから来てみた」等、たくさんの方々にお越しいただきました。

当日は映画上映に先立ち、竹内ハウスマネージャーによるとちぎハウスの活動報告が行われ、ハウスを知って頂く良い機会となりました。後日談ですが、「上映会に行ってとても感激し、涙が止まらなかった。もっとこの映画を多くの方に見て欲しい」という声もハウスへ届きました!

入場者数は95名、前売券・当日券併せて101,400円の寄付を頂きました。

また、上映の前後の時間を利用してハウスの募金活動、手作り品ミニバザーなど行いましたので、その結果、募金26,640円、ミニバザー23,900円集まりました。

告知にご協力頂いた各メディアの皆さま、宇都宮ヒカリ座様、ハウス運営委員小竹様、当日ご協力頂いた宇都宮文星女子高等学校の生徒さん、ハウスのボランティアさんに心より感謝します。


ヒカリ座さんと運営委員小竹さん


宇都宮文星女子高等学校の生徒さん

とちぎハウス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑Top

寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。