1. Home
  2. ブログ

ブログ
各ハウスの「いま」をお伝えしています

車いすでも楽しめる「キッチンガーデン」が、さっぽろハウスに誕生!

こんにちは、「ドナルド・マクドナルド・ハウス さっぽろ(以下「さっぽろハウス」)」ハウスマネージャーの福原です。
先日「さっぽろハウス」に、利用ご家族が楽しめるお庭「キッチンガーデン※」が、誕生ました!※キッチンガーデン:観賞と収穫の目的を兼ねる庭のこと

昨年クラウドファンディングに初挑戦し、そこで集まった多くの方々のご支援によって誕生した、理想のお庭です。
今回のブログでは、お庭誕生までの挑戦の日々や、7月25日(火)に行われたキッチンガーデンお披露目式の様子、そして実際にお庭を楽しんだ利用ご家族からのお声などを、お届けしたいと思います。

 

お子さんとご家族を日々サポートするからこその視点で、庭づくりを計画!

「さっぽろハウス」は、道内唯一の小児総合専門病院である北海道立子ども総合医療・療育センター(愛称:コドモックル)に隣接する、国内最北のハウスです。2008年12月のオープンから今年で15周年を迎え、これまでに延べ6,500以上ものご家族が滞在してきました。
自然豊かな環境の中、約160名ものボランティアさんに支えられ、運営を行っています。

(さっぽろハウス外観)

 

そんなハウスがクラウドファンディングに初挑戦したきっかけは、治療中の子どもやそのきょうだいが長期の滞在でもリラックスして過ごせるよう、「ハウスの庭をもっと子どもやご家族が楽しめる場にしたい」という想いでした。

自然豊かな「さっぽろハウス」には、開設当初から広いお庭がありましたが、昨年までその活用は限定的。
ボランティアさんが、ハウスに飾るお花や利用ご家族に提供する野菜などを栽培・収穫してくださっていた一方、一部足場の悪い部分があったため、お散歩など利用ご家族による活用はされていない状況でした。

(工事前のお庭)

しかし、広い庭には心身のリフレッシュに効果があるとされる、五感を刺激する要素がたくさん。
そこでスタッフやボランティアの方々で「利用ご家族がハウスの庭を自宅の庭のような気軽さで楽しむことができたら、日々の治療に立ち向かっている心身のリフレッシュができるかもしれない。この庭を、もっと子どもやご家族が楽しめる場にしたい」と考え、庭の整備に取り組むことを決意!

目指すお庭は、植物の鑑賞だけでなく野菜の収穫や花摘みなども楽しめる「キッチンガーデン」。
治療中の子どもやそのきょうだいが、長期の滞在でもリラックスして過ごせ、少しでも「ハウスは楽しい・安心できる」と感じてくれるよう、工夫を凝らした庭造りがスタートしました。

(スタッフ・ボランティアさん手作りのイメージ図)

 

クラウドファンディングに初挑戦!

通路を造る工事や畑の整備など、約160㎡の庭を造るのに必要な費用は、150万円。

これを捻出するため、2022年 9月20日~10月26日までの約1か月間、初めてのクラウドファンディングに挑戦しました。

多くの方々にこの挑戦をバックアップいただき、9月26日(月)には、地元・札幌ドームで開催されたプロ野球公式戦 「ドナルド・マクドナルド・ハウス さっぽろ 応援ナイター 」 にて告知活動を実施。
さらに当日は、ハウスを利用しているお子さんが始球式に登板する機会をいただき、大いに盛り上がりました。
そのほか、地元のマクドナルドフランチャイズオーナーの皆様にご協力いただき、道内のマクドナルド店舗にチラシを置かせていただくなど、様々な活動を展開しました。

(応援ナイターは大盛り上がり!)

 

こうしたご協力のおかげで、最終的には目標150万円に対して233万7千円もの多くのご支援が集まり、達成率155%超の大成功を収めました(活動報告等はこちらからご覧いただけます!)。

その後、工事会社さんとの調整を進め、今年5月下旬にいよいよ工事着工!
(重機を使って広い通路を造ります!)

 

6月初旬には工事が無事完了し、6月中旬からは、整備された区画に植物の植え替え作業を開始!
グリーンボランティアさんを中心に、多くのボランティアさんが作業にあたってくださいました。植え替え用の植物を自宅で大切に育ててくださった方もいらっしゃり、お庭はどんどん賑やかに!

(ボランティアの皆さま)

そして、ついに7月25日、お庭がオープン!記念のお披露目式を迎えました!

 

笑顔&お花が満開!お披露目式レポ

 

当日はあいにく雨のぱらつくお天気の中、約50名もの方が参加。

ご来賓として、コドモックルより高室センター長、日本ハムファイターズ様より株式会社ファイターズ&エンターテイメントの石川様、地元のマクドナルドフランチャイズオーナーの皆さま、そして昨年の「さっぽろハウス応援ナイター」で始球式に登板した萌ちゃんがお越しくださいました。

そして日頃ハウスを支えてくださっているボランティアの皆さんや、アドバイザーとして関わってくださる元・利用ご家族の地元農家の方、工事を担当していただいたソリトン・コム株式会社様も駆けつけてくださいました。

さらに、特別ゲストとしてドナルド・マクドナルドと、日本ハムファイターズのマスコットキャラクター・フレップくんも!
(コドモックルのセンター長・高室様と、さっぽろハウス利用者で昨年の応援ナイター始球式に登板した萌ちゃん) (貴重なツーショットに、会場も大盛り上がり!)

多くのボランティアさんに準備・運営にご協力いただき、アットホームな雰囲気で式がスタートしました!
(なんと司会・音響担当もボランティアさん!)

まずはドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンの常務理事・河野辺より、主催者挨拶。関係者の皆さまへ、本プロジェクトへのご協力に対する感謝をお伝えしました。

 

続いてご来賓挨拶として、隣接するコドモックルのセンター長・高室様と、応援ナイターにご協力いただいた株式会社ファイターズ&エンターテイメント 取締役・石川様からも、温かいお祝いのメッセージを頂戴しました。
(高室様)

 

(石川様&フレップくん)

 

その後、ハウスマネージャーと、お庭づくりを担当してくださったボランティアさんより、お庭のこだわりについてご紹介しました。

当日はあいにくのお天気のためお庭に出られず、室内でお庭の映像をご覧いただきながらの説明となりましたが、
たくさんのお花や大きく実ったスイカの様子に、ゲストの皆様から「おお~!」と歓声が上がっていました!

 

お庭のこだわり①心身をリフレッシュできる「五感を刺激する庭」

「お散歩以外にもお庭を楽しめて、よりリフレッシュに役立つように」と、五感を刺激する要素を生かしたキッチンガーデンを作りました。

  • 視覚:目前に見える山、小さな並木道、季節ごとに咲く花
  • 聴覚:野鳥のキレイな鳴き声(シジュウカラ・ヤマガラ・メジロetc)
  • 嗅覚:花・草・土の匂い
  • 味覚:収穫して食べられる野菜(トマト・きゅうり・スイカetc)
  • 触覚:庭の土、並木道の木、芝生

 

お庭のこだわり②車いすでも楽しめる工夫

  • 通常は120㎝幅の通路を、140㎝幅に変更。ハウスには様々な子どもたちが滞在するため、車いすや歩行器等が安全に通れて方向転換もしやすいよう配慮しています。
  • 通路から手を伸ばしたら通路沿いにある野菜を収穫できたり花を摘むことができるよう、栽培するお花や野菜の種類・植える位置などを、ボランティアさん同士で話し合いながら庭を造っています。

 

(車いすや歩行器でも、ゆったり安全に通れる通路)

 

 

そして、オープンを記念したテープカットを実施!

 

さらに、庭に植えるお花の苗に、メッセージプレートを書いていただくセレモニーも行いました。

このお花の苗も、この日のためにボランティアさんが大切に育ててくださったものです。

(ご家族にとってどんなお庭になってほしいか、素敵なメッセージをいただきました)

 

そして、最後は参加者全員で記念撮影!
みんなの願いが通じたのか奇跡的にお天気が回復し、お庭に出て記念撮影ができることに!
映像で紹介したお庭を実際に見ていただくこともでき、スタッフ一同大喜び!

お花も、皆さまの笑顔も満開!和やかな雰囲気で、お披露目式が閉会しました。

このお庭は、完成ではなくここからがスタート。これからも、ご家族のために素敵なお庭に育てていきたいと、改めて感じました。

 

利用ご家族&ボランティアさんから、さっそく嬉しい声が!

そして現在、2週間ほど前にオープンしたキッチンガーデンは、利用ご家族はもちろんボランティアさんからも大好評です!そのお声の一部をご紹介させていただきます。

(お披露目式でメッセージを寄せていただいたお花とプレートも、ガーデンに植え替えをしました。元気に育って、利用ご家族を楽しませています)

 

利用ご家族のお声

「お庭がきれいで、ついつい外に誘われ出てしまう。」

「5年間ハウスを利用しているが、初めて畑に出た。」

「きれいに整備されていて、自然に笑顔になった。」

「野菜をとったり、楽しい!」

「作業を行っているボランティアさんと話したら、たくさんの野菜をもらった。」

「かわいいガーデン、ありがとうございます。」

 

ボランティアさんのお声

「いままでグリーンボランティアは利用ご家族とのコミュニケーションがなかったが、作業中に利用ご家族のかたが散歩に来られて会話するようになり、接点が増えました。」

「ボランティア活動をして長いが、初めて裏庭に出た。」

「ボランティア説明会時、裏庭の案内も行うようになり、ガーデンを見た方が、『ここの庭で活動したい』と申し入れがあった。」

 

また、利用ご家族によりお庭を楽しんでいただくための工夫として、ボランティアさんによる「キッチンガーデンメニュー」の配布が始まりました。
これは、収穫可能な野菜の情報などお庭の「今」を利用ご家族にお知らせするチラシです。温かみのある手書きイラストつきで、ついついお庭に出たくなってしまいます!

(8月現在、夏野菜が旬まっさかり!)

 

このように様々な工夫を凝らして、今後もキッチンガーデンを病気と向き合う子どもたちとそのご家族の笑顔のために活用していきたいと思います!

 

「ハウスの庭をもっと子どもやご家族が楽しめる場にしたい」という想いから始まったこのプロジェクト。
沢山の方々のおかげで、無事にお庭が完成し、こうしてご家族に楽しんでいただくことができ、心から嬉しく思っています。
本プロジェクトにご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

クラウドファンディング第二弾に挑戦中!今年は「秘密基地」⁉

 

そして、最後にお知らせです!

「さっぽろハウス」では、ハウスをご家族にとってより良い環境にするために、今年もクラウドファンディングを実施しています!
お庭に続く第二弾となる挑戦は、ハウス内の倉庫の一部を改装し、利用ご家族のための癒しと楽しみのスペースとして「五感をくすぐる秘密基地」を作るプロジェクトです!

 

今回のご協力いただくのは、パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社様。

同社が取り組んでいらっしゃる「光など五感に影響する要素を調整できる、一人ひとりに寄り添う空間作り」をさっぽろハウス内で実現し、
病気と向き合っている子どもやご家族に「自分を大切にする時間」を持っていただきたいと考えています。

(同社にご協力いただいた体験会の様子。光や音を楽しんだり、リラックスするお子さんたち)

 

上記のクラウドファンディングは、目標金額450万円を目指して9月15日(金)午後11:00まで実施中です!ぜひ、ご寄付・拡散などで、応援よろしくお願いいたします!(詳細はこちら

 

そして、地元からも熱い応援が決定!

今月8月17日(木)の北海道日本ハムファイターズ主催試合を「ドナルド・マクドナルド・ハウス さっぽろ 応援ナイター」として、ファンの皆さまをはじめ、たくさんの方々にハウスへの支援を呼びかけてくださることになりました。

球場内では、さっぽろハウスのための募金活動や、このクラウドファンディングの告知もしてくださいます。

また、今年も昨年に引き続き、ハウスを利用している子どもに、観客の注目が一身に集まる始球式の権利をプレゼントしてくださいました。

(地元のスター達も、さっぽろハウスを応援!)

ぜひ、クラウドファンディングへのご参加、ナイターへのご来場&ご支援を、よろしくお願いします!最新情報やハウスの日常は、Twitterでも投稿しているので、ぜひフォローしてくださいね。

 

以上、夏に負けないくらい熱く盛り上がっている「さっぽろハウス」からお送りしました。それではまた!

 

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA


2024年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ