BLOG

ふちゅうハウス チャリティラッフル2018 当選発表!

チャリティラッフル(募金くじ)の当選者が決定いたしました。

多くの企業・団体・個人の皆さまにご賛同いただき、沢山の景品をご提供いただきました。

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

いただいた募金はハウス運営のために大切に使わせていただきます。

 

主な当選番号は以下の通りです。 おめでとうございます!

当選された方は2018128日(土)~1231日(月)10001700

に、ふちゅうハウスまでお受け取り願います。

 

<当選番号>

★象印 ホームベーカリー

当選番号:6373

★テンピュール 枕

当選番号:15854469

★立川・府中アスレティックFC選手サイン入りレプリカユニフォーム

当選番号:6229

★ネスカフェ バリスタ

当選番号:78689786

Proscenic  コードレス掃除機

当選番号:8567

★アイリスオーヤマ ふとん乾燥機

当選番号:437

★東京ディズニーリゾート ペアチケット

当選番号:657

JAマインズ 地元野菜 500

当選番号: 873395105802406

28844556499958506693

68556925698274968446

91239231941296889883

 

上記以外の当選番号は下記よりご確認ください。

ふちゅうラッフル2018抽選結果

当選された方々には景品のお受け取りの際にハウスをご見学していただき、ハウスへの理解をより深めていただければと存じます。

皆さまのご来訪をお待ちしております。

ふちゅうハウス

「2018さいたまハウス チャリティーラッフル」当選番号発表!

「2018さいたまハウス チャリティーラッフル」の当選番号が決定しました。

今年もたくさんの方にご参加いただき、77万円もの募金が集まりました。景品提供にご協力くださいました支援企業、団体、個人の皆さま、本当にありがとうございます!

皆さまからの募金は、さいたまハウスの運営のために大切に使わせていただきます。

抽選会当日は、運営委員長である埼玉県立小児医療センターの小川院長にお越しいただき、厳選な抽選を行いました。

当選番号は以下の通りです。おめでとうございます!

なお、当選番号をお持ちの方は、2019131日(木)までにさいたまハウスにて直接お受け取りください。

〈当選番号〉

◆電動自転車

当選番号:5186

◆自転車

当選番号:3594

◆東京ディズニーリゾートペアチケット

当選番号:19054936

◆SONY Bluetoothイヤホン

当選番号:35124987

◆クオカード 10,000円分

当選番号:2151

◆ホテルブリランテ武蔵野ペアお食事券

当選番号:1464

◆カタログギフト 5,000円相当

当選番号:266206921824445

◆マミーマート食品詰合せ

当選番号:5232868

◆アルピーノお菓子詰合せ 

Aセット

当選番号:1265357253

Bセット

当選番号:492122920185111521354395521558658687097

 

その他の当選番号は以下のリンクよりリストをご覧ください。

なお何が当たったかは、取りに来てからのお楽しみです!

2018当選番号ブログ用

 

【景品のご提供をいただいた皆様(敬称略)】

有限会社AI WORKS、アドバンス・ウイング株式会社、株式会社アルピーノ、大森敏秀胃腸科クリニック、有限会社ケイグリーン、国際商事、さいたま市中央区郵便局一同、シンコー株式会社、株式会社セブン、大黒屋 125号古河西牛谷店、たかはしテレビ、テラルテクノサービス株式会社、東京センチュリー株式会社、日本マクドナルド株式会社、プーキートレーディング株式会社、ホテルブリランテ武蔵野、株式会社マミーマート、マルベリーガーデン コクーンシティ店、明興産業株式会社、株式会社山全フーズ、株式会社山中、和生菓子 豆の木

その他法人・個人

皆さまのご協力、本当にありがとうございます。

さいたまハウス アシスタントマネージャー 髙篠真理

琴奨菊関が子ども達を応援!

11月2日(金)、大相撲九州場所を前に、琴奨菊関が入院している子どもとその家族にエールを送りたいと、ふくおかハウスを訪問してくれました。

関取になっていろんな苦労をされてきた琴奨菊関は、病気を抱えている子どものご家族に対して自身の経験から、苦しんでいるときにこそ目標を持つことの大切さを話してくださいました。

また「子ども達に笑顔を!」ということで「ちびっこ相撲」を開催!大きな体の琴奨菊関と直接対決し子どもたちは大歓声をあげ、喜びと笑顔があふれる時間となりました。

最後に部屋特製のちゃんこ鍋をふるまっていただき、おおいに心温まる一日となりました。

琴奨菊関の激励により、大変な時間を過ごしている子どもたちやご家族にとってほんの少しですが、病気を忘れることができ、また多くの勇気をもらった時間となりました。

またハウスに遊びに来てください。

ふくおかハウス

地元の病院で心臓の疾患がみつかり、東京都立小児総合医療センターへ転院、約2か月の入院生活の際にご両親がふちゅうハウスを利用されました。

3月の退院して間もないころ・・・

今年3月に退院後、先日検査に伴う入院のために再びハウスを利用、患者さんに外泊許可が出た時には、ハウスに来られ元気な姿を私たちに見せてくれました!

春にママの腕の中にスッポリ収まるくらいの小さなベビーが、すっかり大きくなって動きも活発になりました。

「最近自己主張が強くて」と言うママ。でもそれも元気になったからこその悩みですよね。

チェックアウトの日に、いただいたメッセージをご紹介します。

『滞在中、23日息子の外泊許可が出て、ほとんどの時間をリビングで過ごしました。

 毎日ボランティアの方がすみずみまで清掃してくださるので、ハイハイやつたい歩きをしたい盛りの息子と安心して楽しい時間を過ごすことができ、嬉しかったです。

 東京の乾燥した空気に体が慣れない中、加湿器の貸し出しや、水の配布があり、大変助かりました!! 物干しありがとう~!!! 気づいたことと言えば、赤ちゃんをお風呂に入れる時に滑りやすかったので、マットやベビーバスの貸し出しがあるといいかなあ…と思います。

スタッフの皆さんが息子のことを覚えていてくださって、「大きくなったね~!」と声を掛けていただいたことが一番嬉しかったです。今後も物品の寄付などでハウスを支援したいと思います。ありがとうございました。』 

 ハウスがいつもキレイなことへの感謝の言葉や、毎日の声がけが嬉しかったというメッセージをいただくと、私たちハウスを守るものとしてとても嬉しいですし、励みになります。

私たちもまた、ご家族からの「ありがとう」に支えられているのです。

ふちゅうハウス 渡井京子

グラクソ・スミスクライン株式会社のサポート

グラクソ・スミスクライン社は2009年より全社員にボランティア休暇Orange Dayを付与し、ボランティア活動を通じて人々の「生きる喜びを、もっと」を実現するために、会社としてこの休暇の取得を推奨されています。

よくこのブログにも登場されますが、全国のハウスにてミールプログラムを実施されており、昨年は約600名の社員の方がハウスを訪問し、ご家族の夕食作りに参加してくださいました。皆さまが作ってくださる夕食は、とても心がこもっており、入院している子どもに付き添われているご家族からは非常に好評です。

そして今回は・・・クリスマスが近いということで、ハウスへのクリスマスプレゼントを企画してくださいました。ポール社長を含め社員の方が集まり、クリスマスを家で過ごすことができない子ども達のためにクリスマスプレゼントを購入し、みなさんでかわいくラッピングしてくださいました。

 

このプレゼントは、都内3ハウスに滞在されるご家族を通じて、入院している子ども達に贈られる予定です。グラクソ・スミスクライン社の皆さま、いつもご支援ありがとうございます!

ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

↑Top

寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。