BLOG

「映画『奇跡の子どもたち』チャリティ上映会行われました!」

2017年07月25日 (火)

とちぎハウス

日本で少数しかいない、希少難病の「AADC欠損症」。 身体の運動を司る神経伝達物質ドパミンやセロトニンを作り出すAADC酵素が生まれつき欠損している難病です。この病気と闘う患者さんとご家族の10年間が1本のドキュメンタリー映画になり、6月24日を宇都宮を皮切りに全国で上映がスタートしました。

初回上映を記念して宇都宮のヒカリ座さんのご厚意でチャリティ上映会が開催。出演されたご家族はとちぎハウス利用者でもあるということで、ハウスの告知や募金活動をさせていただきました!

募金活動

午後の1部、2部と2回上映されましたが、1部は250席が満席となり、立ち見も出るほど。映画に出演された山形の松林さんご一家も映画館に駆けつけてくださいました!

患者さんと先生

松林さん一家と

14年間も寝たきりだったお子さんたちが自治医大で受けた治療で歩行訓練もできるようになり、お母さんが「発作があったことや、寝たきりだったことが今では信じられない位に思えます」と言われたのがとても印象的でした。

当日は330名のお客さまが来場され、実行委員会より当日の入場料を10万円をとちぎハウスに寄付していただきました。さらに募金活動では30,270円もの募金が集まりました。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!

映画実行委員会より寄付贈呈式

ご来場の皆さまに病気と闘う家族の愛を感じてもらえ、病気のことやハウスことを知ってもらえて本当に良かったです。
ハウスを利用するご家族にも希望がもらえる映画になったと思います。

是非、お近くの映画館で上映された時は見てくださいね!
映画のHPはこちら⇒http://www.kisekinokodomotachi.com/

とちぎハウス ハウスマネージャー 斎藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

↑Top

寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。