BLOG

栃煌山関と楽しいひととき!

2019年06月21日 (金)

東大ハウス

大相撲夏場所が終わったばかりの5月29日(水)、春日野部屋の栃煌山関と三保ヶ関親方が闘病している子どもたちとその家族を元気づけたいとハウスに来てくれました。

参加者みんなの「とちおうざ~~ん!」という呼びかけに応じて廊下の奥から登場。初めて力士を間近で見た参加者たちは先ずその大きさにびっくり。「大きくなるには?」「強くなるには?」等の子どもたちの質問に優しくにこやかに丁寧に答えてくれ、強い力士もお家では「子どもと遊ぶ時間がとっても楽しみ」という良きパパの一面も見せてくれました。

『ちびっ子相撲』では果敢に栃煌山関に挑んだ子どもたちと押したり押し込まれたり、ヒョイと持ち上げられた子どもがいたり…と会場は笑顔と声援に溢れました。

その後、親方とお弟子さんたちが作ってくれた『塩豚ちゃんこ』をご馳走になりました。はじめは遠慮がちだった親御さん方も、野菜たっぷり豚肉いっぱいの『ちゃんこ』の美味しさに何杯もお代わりをしている姿が印象的でした。

帰りには大きな手形が押された色紙をお土産に頂き、終始素敵な笑顔の栃煌山関と握手やハグをしたり、抱っこしてもらったり、各々のカメラで一緒に記念撮影をしたりしている間に終了の時間がきてしまいました。

今までドナルド・マクドナルド・ハウスのことを知らなかった栃煌山関ですが、実際に訪問を、「自分にも子どもがいるので、入院したらどんなに大変かを想像できるし、ハウスのような施設があったら絶対に助かると思う。このような施設があることは本当に素晴らしい。今日は子ども達を励ましに来たつもりだったけど、逆に子ども達から励まされ、次の場所は頑張って活躍をしなくては」と話してくれました。

これからも栃煌山関をみんなで応援しますので頑張ってくださいね。

今回の栃煌山関の東大ハウス訪問に際しまして、日本相撲協会の関係者様をはじめ春日野部屋様から三保ケ関親方、栃春日さん、川本さんのご協力をいただきました。

また、昨年のふくおかハウス訪問に続く今回の力士訪問につきまして、マックフライポテトの供給サプライヤーであるJ.R.Simplot社様にご協力をいただきました。今後も引き続き全国のハウスへの支援をお願い致します。

東大ハウス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑Top

寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。