BLOG

カテゴリー「ふちゅうハウス」の記事一覧

「よりそうつきひ」 いよいよ刊行です

「読んでくださる方の月日にそっと寄り添う本でありたい」
という願いを込めて、本「よりそうつきひ」が製作されました。

ふちゅう

一人の母親でもある小谷さんが、家族と共に暮らす中での小さなストーリーの数々。
その中には母としての想い、家族への愛情、そしてご自身をみつめて・・・

それはまるで一針一針ていねいにキルトを作るように小谷さんの温かな言葉であふれています。

また読み手の方が「これは自分のことではないかしら。」と思ってしまう一編が必ずあるはずです。

読み進めるうちに心がギュッと掴まれて、文字が翳んできてしまうのでご注意くださいね。

よりそう。の店長である大浦さんと作家小谷さんがハウスに来訪された時のレポートもお読みいただけます。

ご覧になりたい方はこちらまで。

以前もお伝えしましたが、この本の売り上げの一部はドナルド・マクドナルド・ハウスへ寄付されます。

 

ふちゅうハウス

春よ来~い!

日本列島はまだまだ寒さに震えていますが、暦の上ではもう春です。
今年もハウスにお雛様を出す時期となりました。

毎年、雛人形の管理をしてくださるボランティアさんがハウスに集まり、手際よく土台を組み立てて・・・

写真①

あたたかくて可愛らしいお雛様のお目見えです。

写真②

お内裏様の隣には、ボランティアさんの義母様が、90歳をこえて手作りされた手毬をつるしています。
よく見ると、ひとつひとつ色合いや絵柄が違うんですよ。

写真③

今年初節句を迎える患者さんのご家族がしみじみと、

「子どもと一緒にお節句が迎えられるよう頑張ります。」とほほ笑んで、そして少し涙ぐんでいらっしゃいました。

ハウスに春の温かい風が通り抜けるのが待ち遠しいですね。

ふちゅうハウスアシスタントマネージャー 渡井

「よりそうつきひ」出版に向けて~小谷ふみさんと よりそう。 の店長大浦麻衣さん来訪~

昨年よりふちゅうハウスとつながりをもっていただいている作家の小谷ふみさんが出版元の よりそう。 の店長である大浦麻衣さんとご一緒に来訪されました。

今回いらしていただいたのはほかでもない、本「よりそうつきひ」制作プロジェクトより、売上げの一部をハウスに支援したい、という小谷さんの意志により、今回寄付を届けに来てくださったのです。

小谷さん5

大浦さんはわざわざお住いの福岡からお越しくださいました。

今回の来訪の様子が記事となり、 よりそう。 のHPでもご紹介くださるとのこと。ハウスを見学中は、こちらの説明に対し真剣な眼差しで頷かれながらメモをとられるお姿がとても印象的でした。さすが編集長!

小谷さん3

「よりそうつきひ」のコンセプトは、

<誰かと手を繋いでいるような気持になる本>

小谷さんの紡ぎだす言葉には、どんな心の持ちようの人にもそっとよりそうような、そんな温もりを感じます。

それは小谷さんご自身に病気と闘うご経験があり(病室の窓からハウスの灯りをご覧になっていたそうです)、また母であることからのやさしさではないでしょうか。

先日校了となった「よりそうつきひ」。もうすぐ会えるのがとても楽しみです。

ふちゅうハウス アシスタントマネージャー 渡井京子

国分寺まつり!

毎年5万人近くの方が訪れる国分寺まつり。

11月5日(日)、三連休の最終日。朝から青空が広がる晴天に導かれ、会場となる武蔵国分寺公園はかつてないほどの賑わいでした。

写真1

今年で3回目の参加となるこのおまつりでは、集めた物の仕分けや値付けといった準備などハウスのボランティアさんが毎年盛り上げてくださいます。

今年はふちゅうハウス10周年を目の前にして、ハウスのお部屋のベッドを買い替える費用にあてたい!という目標がありました。
このおまつりでの売上げは、全てハウスの運営費にご寄付いただきます。

販売した物は、集めた食器・寝具・タオル・生活雑貨・文具・子ども用品・手作り小物で、高級ブランドの食器2~3点を除き、100円~1000円の価格が中心でした。

写真2

10名のボランティアさんが煙に燻されながら?(お隣が炭火焼きのお店でした)懸命に声掛け、販売をしてくださり、午後からはお客さんとの値引きのやり取りも含め、最後まで粘り強く取り組んでくれた結果・・・

おかげさまで、売上総額は93,710円となり、目標のベッドの買い替え費用50万円に一歩近づくことができました!

バザー品をご提供くださった皆さま、準備に携わってくださった皆さま、当日販売をしてくださった皆さま、本当にありがとうございました。

(ふちゅうハウスアシスタントマネージャー 渡井)

「いつもありがとう ~ボランティア交流会~」

いつもありがとう~小谷ふみさんをお迎えして、ボランティア交流会~

 

今日はいつもハウスを支えてくれる、ボランティアのみなさんの為の一日です。

朝から小雨が降る中、約50名のボランティアさんがハウスに集合しました。

 

今回の目玉の一つは都立小児総合医療センターの見学会です。

ご厚意により通常は立ち入ることのできない病院の内部を見せていただきました。

 

もう一つは・・・みなさん、作家小谷ふみさんをご存知ですか?

ご自身の闘病中にハウスの存在を知っていただいたこと、近くにお住まいだということ、そしてお母さんだということ。

そんな幾つものご縁が重なって、このたび出版される本『よりそうつきひ』の売り上げの一部をハウスに寄付していただくことになり、今日の交流会にもご参加いただきました。

ご挨拶の冒頭から涙ぐまれながらも、ご自身の想いをお話しされると、その繊細な言葉選びと優しい雰囲気に、「ぜひ本を読んでみたい」と多くのボランティアから声があがりました。

これからのご活躍が大いに期待されますね。

小谷さんのハウスレポートを小谷さんのブログから是非ご覧ください。

 

交流会の終盤はじゃんけん大会で盛り上がり、日頃は一緒に活動できないボランティアさん同士も楽しく「交流」した会となりました。

じゃんけん大会

看護学校への進学を希望する高校生達が、現役看護師に色々と話を聞いたり、

ナイトボランティアさんと日中の活動のボランティアさんが久しぶりに顔を合わせたり、年齢も職業も違う方たちがハウスに集い、語らいました。

ふちゅうハウス

 

ボランティアの皆さん、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 

ふちゅうハウスアシスタントマネージャー 渡井京子

「お子さんにインタビュー♡」

熊本から治療の為に何度もふちゅうハウスを利用されているご家族からメッセージをいただきました!
見覚えのある方もいらっしゃるかと思いますが、2013年の年間報告書に登場してくれたご家族です。

凛ちゃん②

『今回が15回目の利用です。入院期間が長いときも、手術時間が長いときも、近くにハウスがあるから安心できます。初めてハウスに泊まったのは娘が3歳のとき。その娘も8歳になりました。
そこで娘にインタビュー!
母「ドナルド・マクドナルド・ハウスのいいところは?」
娘「いつもキレイで、お風呂にはいれて、お布団でママと寝られるところ!」
私まで嬉しくなる娘の答えでした!!』

凛ちゃん③

ハウスを利用されているご家族の多くが自宅からの通院が困難であるということ。また多くの患者さんが入院期間も治療期間も長く、大きな手術を乗り越えなければいけないということ。
そんな状況のご家族をハウスは「第二のわが家」として少しでも支えることが出来ている、と実感できる、嬉しくてありがたいメッセージでした♡

ふちゅうハウス アシスタントマネージャー 渡井

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ