BLOG

~手のぬくもりを感じて《人と人の輪》~せんだいオープンハウス

オープンハウス開催 @せんだいハウス

9月2日(日)、小雨が降る中、せんだいハウスでオープンハウスを開催しました。
せんだいハウス恒例の、スタッフとボランティア全員でスクラムを組んで「ガンバロー!」

年に一度開催するせんだいハウスのオープンハウスは、地域の方にハウスを知って頂くことと、地域の子どもたちの笑顔のために開催しています。
近所の保育園を中心にオープンハウスのチラシを配布したこともあり、たくさんのお子さんが来場してくれました。

「ドナルド」のショー☆は大人気!

まずはハウスの親善大使「ドナルド」のショー☆
本物?のドナルドに会えるのを楽しみにしていた利用者や来場者が、ドナルドの楽しい動きに大ハッスル!

エントランスでは楽しいチャリティーゲーム、第501軍団のシューティング、お菓子や文具のおたますくい、プルデンシャル生命様の協力で水ヨーヨーすくい、JAM様によるくじ引きコーナー。多目的室ではボランティアさんによるチャリティーバザーやマッサージなど楽しいことがいっぱい♡

ダイニングでは企業各社様からの協賛品によるチャリティ販売やお楽しみコーナー、わたあめのプレゼントが大人気!

ワークショップコーナーでは、くるみボタン、エコ消臭剤、エビカニのお面作りなどみんな真剣に作っていました。

ラストは、作ったお面をつけて”エビカニダンス”でみんなノリノリ!好評のためアンコール♪501軍団まで飛び入り参加してくれました。

外はあいにくの天気でしたが、ハウスの中は子どもたちの元気いっぱい快晴の笑顔で溢れました。

せんだいハウスのボランティアはもちろん、せんだいハウスを支援してくれる学生団体「チームせんだいハウス」や宮城女子大学の「ハートフルスイーツ」、こども病院のボランティアさんや企業ボランティアさんの協力もあり、マンパワー溢れる温かいオープンハウスになり、たくさんの方にハウスを知ってもらう良い機会になりました。

ご協力頂きました皆様、ありがとうございました。

せんだいハウス

ありがとう!とちぎハウス12周年感謝の会

とちぎハウスが12周年

とちぎハウスは、2006年に自治医大とちぎ子ども医療センターと一緒にオープンし今年の9月で12年になりました。
8月末までに4426家族が利用されました。

9月16日(日)には、ハウスで活動中のボランティア継続1年、5年、10年の方々の表彰式と団体、個人の支援者への感謝の会を開催しました。

ボランティアは、10年継続者が7名、5年が33名、1年が34名、そのうち当日参加された22名に自治医科大学とちぎこども医療センター山形センター長と、運営委員である㈱オカダの岡田オーナーより感謝状の授与がありました。

代表で、5年継続の小島さんより「地元で出来ることを細く長く続けていきたい」とお話がありました。また、初めて参加された大柴看護部長から、5年の方にシルバーのバッジが授与があり「皆さんの熱いパワーに驚きました」とご挨拶がありました。

そして、ハウスを周りから支えていただいている企業や、個人の方、地域の皆様にもセンター長から感謝状を渡していただきました。

目標は「利用家族の皆さんが過ごしやすいハウスを維持する事」

感謝状贈呈式の後は懇親会を行い、マイクをお一人づつに回しながらハウスへの思いを熱く語って頂きました。
皆さん、様々な理由でボランティア、ハウスへの支援を開始されましたが、目標は一つ!

「利用家族の皆さんが過ごしやすいハウスを維持する事」です。

大海副センター長からは「日々チーム医療を行っていますが、ボランティアの皆さん、支援される皆さんもチームのメンバーです」との嬉しいお話も頂戴しました。

これからも、更にハウスの活動を沢山の方に知ってもらえるように、とちぎハウスはがんばります。
本当に12年分の支援をありがとうございました。

とちぎハウス

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

↑Top

寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。