BLOG

カテゴリー「さっぽろハウス」の記事一覧

アリオ札幌 チャリティーイベント

12月8日(土)、アリオ札幌で朝日サービス主催のチャリティーイベントが開催されました。

今回で4回目のイベントで、今年は北海道で活躍されているタムラさんと金子さん、ミルクス本物の皆さん、ブギウギ専務こと上杉周大さん、そして、ドナルド君や501軍団の方々が会場を盛り上げながら、ハウスのことをわかりやすく話してくださいました。

中でも上杉さんは、事前にハウスを訪問してくださり、ハウス見学・利用家族の方々とコミュニケーションをとって、イベント当日にそのお話をしてくださいました。

また、HTBの大野アナウンサーによる、利用家族の手紙の朗読があり、集まっていた多くの方々に、ハウスの存在や意義を感じてもらうことができました。

大野アナウンサーも、ハウスの活動に共感してくださっていて、今年で4年連続の出演となり、朗読が終わった後、募金箱にすぐ立ち寄ってくださる方々もいらっしゃいました。

今回のイベントを通し、少しでも多くの方々にハウスの存在を知っていただこうと、館内のスタンプラリーや、募金参加型のオーナメントや押し花スタンプのワークショップを開催しました。

その甲斐あって、たくさんの方が立ち寄ってくださり、多くの温かい応援の声や寄付が集まりました。

今回いただいた募金や寄付は、朝日サービスさんより後日いただく予定です。

企画してくださった朝日サービスのみなさま、お手伝い・協賛してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

さっぽろハウス10周年記念祭

12月7日(金)に「さっぽろハウス10周年記念祭」を開催しました。

記念祭のコンセプトは、10年間ハウスを支えてくださった方々への「感謝」。

当日は大雪の中、80名をこえる方々にお集まりいただき、さっぽろハウスの運営委員長でもある道立総合医療・療育センターのセンター長 續 晶子先生のご挨拶で記念祭がスタートしました。

次に、これまでさっぽろハウスを支えてくださった、企業・団体の方々やボランティアさんの紹介と感謝状の贈呈を行いました。

 

感謝の言葉をボランティアさんとハウスを利用されている患者さんに書いていただき、クルミの木をボランティアさんが磨いた「世界で1つだけ」の感謝状です。

続いて、スペシャルゲストの石田ひかりさんによる、利用ご家族からの手紙の朗読と、ハウスへの思いをうかがう貴重な時間。

石田さんの心のこもった朗読には、涙された方もいらっしゃったのではないでしょうか。子どもが病気で大変な時だからこそ、ハウスでは少し贅沢な気持ちで過ごしお母さんには元気になってもらいたいとの思いで、これまで各ハウスにビタミンたっぷりのミカンやブドウなどを寄付してくださった石田さん。ハウスへ向けてくださる優しく力強い思いに、参加者全員が感動し、共感した時間になったと思います。

最後に、利用ご家族の方々からの「感謝の声」の動画を皆さまにご覧いただき、温かい気持ちのまま、ボランティアさんが持ち寄った軽食による立食パーティーに。

石田さんも交えて和やかな歓談の中、無事に10周年記念祭が終了しました。

さっぽろハウス

↑Top

寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。