BLOG

カテゴリー「せたがやハウス」の記事一覧

FC東京 三田啓貴選手 せたがやハウス訪問

11月5日(火)、FC東京の三田啓貴選手が、入院している子どもを支えるご家族の苦労を知るためにせたがやハウスを訪問されました。

ハウスに滞在中のお母さんが、お子さんの病気のことや将来への不安な思いなどをお話しされるのに熱心に耳を傾け、ご家族の気持ちに寄り添い励ましてくださいました。

普段、ご自宅ではベッドメイキングをされないとのことですが、ボランティアさんに教わりながらベッドメイキングを体験。またご家族に食べていただく蒸しパンケーキのデコレーションも慣れない手つきで、でも一生懸命行ってくれました。

今回のこの訪問の様子は、FC東京のホームページでも紹介されており、三田選手から「サッカーのプレーで勇気を与えることだけでなく、それ以外でもチカラになれればという想いが強くなりました。今回をきっかけに様々な活動にチャレンジしていきたいと思います」とコメントをいただきました。

▼FC東京 公式ホームページ
https://www.fctokyo.co.jp/news/10698

以前、せたがやハウスを訪問してくださったことのあるFC東京クラブコミュニケーターの石川直宏さんも、「素晴らしい施設」「お互いにとって意義ある活動」とツイートしてくださり、今もなおハウスのことを気にかけてくださっていることに、とてもありがたく思います。

▼石川直宏さん公式Twitter
https://twitter.com/sgss18/status/1192700208158662657

今回の三田選手の訪問は、ハウスに滞在中のご家族や、日頃ご家族を支えてくれているボランティアさんにとって、大きな励みになりました。
また、FC東京のホームページや石川直宏さんのTwitterを通して、ハウスを知っていただく機会にもなりました。ありがとうございました。

ぜひまたお越しください!!

 

 

 

せたがやハウス

瀬古利彦さん、せたがやハウスへようこそ♪

先日、横浜 DeNA ランニングクラブ総監督の 瀬古利彦さんが、大きなキャリーケースいっぱいに「レトルトカレー」を詰め込んで、せたがやハウスを訪問してくださいました。

1日に何度も病院とハウスを往復しているご家族にとって、直ぐに食べられるレトルトカレーは大好評です。

瀬古さんご自身も4人の息子さんのお父さん。ダイニングにいらしたお父さん達と、父親ならではのお話しに盛り上がり、利用者のお父さんから思わず本音がポロリ、という場面もありました。

関西からの患児さんには「おやじギャグ」はまだハードルが高かったようで、固まってしまう場面もありましたが、瀬古さんのお人柄がリラックスできる雰囲気をつくってくださいました。

現役時代の功績があり、ユーモアのあるマラソン解説をされる瀬古さんは、ハウスのボランティアからも大人気で、ぜひお会いしたいと多くの人が集まりました。お会いすると瀬古さんのオーラに圧倒されてしまったのか、皆さんおとなしくて、よそ行きのお顔になっていましたが(笑)

ハウスボランティア:「東京マラソンの応援に行きました!」

瀬古さん:「応援はボランティアではない!」「ぜひ、東京マラソンのボランティアをしてください!」

などの掛け合いもあり、気が付くと初めは緊張していたボランティアの皆さんも、いつの間にか笑顔になっていました。

またハウスを訪問していただける日を楽しみにしております!!

せたがやハウス

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

↑Top

寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。寄付のお願い ハウスの運営は100%皆様からの寄付で支えられています。