1. Home
  2. BLOG

ブログ
各ハウスの「いま」をお伝えしています

「チューリップバスケット 太平洋を渡る」

2017年06月14日 (水)

せたがやハウス

旅をして来ました。
目的地はアメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス、現地では隣のセントポール市と併せて「ツインシティ」という呼び名で通っている都市です。
目指すハウス、ロナルド・マクドナルド・ハウスOak Streetはミシシッピ川の近く、ミネソタ大学の向いに4階建て48室のどっしりとした姿で建っていました!
このツインシティで2つのハウスと2つのファミリールームを統括しているRMHC Upper Midwest(事務局)のMike Orum氏がハウスを案内してくださいました♪
もう一つのハウスは15部屋。ファミリールームはそれぞれ4部屋。全部で71部屋です。
この4つの施設全体で個人ボランティアが450人超、グループは約800組、合計のボランティア時間は61,000時間を超え、年間約5,000人の患児家族を受け入れているそうです。規模がちがいますね!

「一番狭い部屋だよ」と見せてもらったのですが、十分な広さに思えました。

ベッドルーム

 冬にはマイナス20℃にもなるこの地域は室内でも充実した時間を過ごせるように洒落のきいたシアタールーム、運動場、フィットネスルーム、そして暖炉などもあります。この暖炉は例年9月から翌年の4月ごろまでは使うとの事。本当に寒いんでしょうね。雪も1メートル近くは積もるそうですし…。

施設いろいろ

他にも患児とその兄弟が学べるスクールも常設。もちろんプレイルームもあります♪

スクール・キッズルーム

ダイニングルームの入り口に大きなモニターが設置されていてその週の夕食などの予定がタッチパネルで確認できるようになっていました。ミールプログラムは毎夕ある充実ぶりです!

ダイニングモニター

 大勢で調理できるアイランドキッチンの他に小さく区切られてちょっとしたお料理も作れるミニキッチンなどもあってちょうどブラジルからハウスに滞在しているお母さんがお料理の最中でした!

キッチン&ダイニング

中庭ではご家族がみんなで過ごされていてゆったりとした時間が流れています♪

中庭&家族

私と共に9000km以上の旅をしたチューリップバスケットをMike氏にプレゼントしました!

Mikeさん

英語もままならない突撃一人旅でしたが、アメリカのハウスを訪問できたことはとっても有意義な経験となりました。

広瀬さん

ホテルに帰るタクシーの手配までMikeさんにお願いして・・・恐縮です。ありがとうございました!
そして日本の特徴のあるちりめん生地でチューリップを手作りしてくださったせたがやハウスのボランティアさんにも心から感謝しています♡大変喜んでいらっしゃいました!

下記RMHC Upper Midwestのアドレスです。興味のある方はご覧ください!
https://www.rmhtwincities.org/

せたがやハウス アシスタントマネージャー 広瀬

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA


2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ